ABCDEF

2005年09月26日

文化の薫り高い1日

shin.jpg

昨日は3連休の最後の日。相変わらず忙しく色々やることは有るんですが、どうしてもやりたいことを、まず朝・く起きて片付けました。

午前中に洋服を買う為に大型スーパーへ。更に靴下を買おうと思ったら、以前の本「伊勢丹な人」で読んだ、長い靴下を見つけ、2000円が1500円に値下げされていたので、試しに購入。更に本屋へ行って、4冊の本を買う。

午後からは、片付けの時に偶然見つけたJazzのCDを聞きながら、自分の部屋を片付け、本を読む。「なかなかいい雰囲気。」

数ヶ月前に購入した新しいPCを開梱し、とりあえず、セッティングだけした。これで、我が家のPCはデスクトップ3台、ノート2台になりました。OSは98、ME、2000、XPと豊富。仕事で必要なので、これだけあるが、きちんと整理されると、すっきり。

片づけがある程度遜わって、本を2冊読みました。夜は妻と映画を見に行きました。映画も久しぶりで、ラッセル・クロー主演の「シンデレラマン」を見ました。50歳以上の2人組は割引で1人1、000円ではいれました。

この映画は、1920年後半の大恐慌のアメリカで、「シンデレラのように、甦った実在のプロボクサー」の物語です。

どんな状況になっても、家族の絆と、信頼する夫婦愛で、希望をもって生き抜くことの大事さを描いたすばらしい作品でした。

ボクシングシーンは気合を入れて作ったという前評判どおり、なかなか迫力あるシーンと、それを追うカメラアングル、そして全体を盛り上げる効果音は、大変に迫力があり、自分が打ち合っているような気がする程の臨場感がありました。

贅沢を言うと、最後のボクシングシーンの後に、家族が喜びあい、抱き合うシーン欲しかったと思いました。そうしたら、最後に涙が溢れ出たと思いました。家族愛や、挑戦する心、そしてどこまでも希望を失わない信頼しあう夫婦にはジーンときました。

久しぶりに見たいい映画でしたね。

非常に文化的な1日でした。

2005年07月28日

台風の中、万博へ

 26日の朝は、台風の進路が気になっていました。というのも台風の進路が、愛知万博会場を直撃するコースだったからです。ニュースでは、場合によっては、昼から中止になるとの情報もありましたが、その日の夜は弟の会社の保養所(知多半島の南端)を予約してあったので、弟の車を借りて、三重から一路万博会場を目指しました。

途中強い雨や風が吹いていましたが、万博駐車場に無事到着。駐車場代1日3000円を払い、無料バスの乗って、北口会場入口に10時前に到着。荷物と体のチェックは、飛行機搭乗並みの厳しさ。(ペットボトルは持ち込み不可)これをチェックして入場。

既に万博見学を経験している妹からのアドバイスは、「まずはお土産物売り場に直行して、お土産を買い(帰りは相当混んでいるので)、ロッカーに預けてから見学すべし。」とのノウハウを教えてもらいましたが、人はまばらで、お土産物売り場もガラガラ。

ノウハウを無視して、そのまま見学へ。昼には中止になるとの心配もあったのでとりあえず近場のヨーロッパエリアから攻める。

イタリア、フランス、スペイン〜エジプトと地中海近郊の国々を次々に回って、約1時間半
で10数カ国を回りきる。ヨーロッパを駆け足で周り、最後に1つ残った長蛇の列のドイツ館の最後尾に並ぶ。

少し進むと、この位置から90分の標識あり。一瞬たじろいたが、最後なので、仕方なくそのまま並ぶ、後ろに並んだ地元の人に言わせると、「普段は、2時間はザラとの事で、1日かかってやっと3〜4パビリオンしか見学できない」との事。「貴方達はついている」とのお言葉をいただき、辛抱して約75分程度待ちドイツ館へ入る。

ジェットコースターのような乗り物に載って、暗い通路を左右に揺れながら動く。ちょっとスリルを味わいながらも、展示内容はさほどではなく、5分程度で、あっと言う間に終了。1時間以上待って見学するほどのものではなかった。

その後、先日名古屋から来た友人に進められた、「2500円のランチ」を食べに日本料理「なだ万」へ直行。入ってみたら、既にランチは終了していて、5500円のミニ懐石が一番安い料理。仕方なく、女房と二人でいただく。思わぬ出費に困惑。でも、話の種にと美味しく
いただく。おかげで、お昼のビールは飲ませてもらえず。

その後、藤井フミヤ作の世界最大の万華鏡「大地の塔」を30分まち、JR東海のリニアモーターカーの3D体験。西口まで行って、当日の入場券の番号くじを見に行ったが、はずれ。その後、お土産を買って(確かに20人はレジで並んでいた)岐路に。

10時〜17時の7時間で、制覇したパビリオンは25個。台風が来るといわれて取りやめた人が多く、当日は3万人の人出(普段は10〜12万人)、全館空いていて多くのパビリオンが見学できて満足の1日であった。

後から台風は東にそれたと聞き、たいした風雨にもさらされず、台風様様の万博日和でした。

今後愛知万博行きを計画されている方へのアドバイス。私たちは異例の日で、通常とは全く違う人出なので、参考にならないと思うが強いて言えば、

(1)1点集中で並ぶか、出来るだけ多く見るか決めて行動する事。
(2)事前に予約していけば、すんなり入れるので、事前登録等が大事。
(3)人気のパビリオンは長時間待つので折りたたみのイスを持っていくと楽。
(4)食事する処は、いくつもあるので、事前に調査しておく事。
(5)人気といっても何が人気なのか、よく調べていく事。
(6)当日の情報を調査して行くと、いい事あり。
   (我々はスペイン館がイベントを行っていて、ワインとイベリコ豚をいただき、更にストラップとバージンオイルをもらった)
(7)我々が行った日は、ゴンドラが動かなかったが、入口よりまずお土産をゲットして、ロッカーに入れる。その後、一番遠い処までゴンドラで行って、そこからせめて、最後は入口のところまで戻ってきて、お土産を持って帰ってくるのがベストかも。

2005年07月27日

夏休み

25日からちょっと早い夏休みになりました。

25日は三重県鈴鹿市へ、26日愛知万博見学&知多半島泊、27日再び三重へ、28日お墓参りと日帰り温泉、29日は広島へ、30日広島泊、31日東京へ戻り、1日は出社。

という強行スケジュールで夏休みを過ごしています。

チョイハナの材料は一杯収穫しましたが、久しぶりに会う友人や親戚との出会で、時間が過ぎるのも忘れて楽しい時間を過ごしました。そんな中では、ゆっくりチョイハナを書く時間がありません。東京へ戻ったら、又今週分をUpします。

2005年07月02日

夏休みの帰省

 25日から、仕事の関係で、早めの夏休みです。

25日三重県へ移動、26日万博見学、27日三重へ戻り、28日お墓参り、29日広島へ移動、30日広島で観光、31日東京へ戻り、1日仕事という強行スケジュールです。

Blogのネタは一杯仕込みますが、普段と違う家族サービスで、Blogを書く時間が取れませんので、東京へ戻った後に、一挙に書き込みます。

以上
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。