ABCDEF

2007年09月01日

「酔夢」レストランバー

suim.jpg久々に地元に「美味しい」お店を見つけました。「酔夢」というレストランBarです。永山駅からタクシーでワンメータの場所にあります。★5つの評価です。この短い文章では、この店との関わりや、美味しい料理、スタッフの心配りは、語りつくせないので、別の機会に紹介します。

「酔夢」永山店の、坂本店長に私の名前を言って、友人ですと言うと、より良きサービスを受けれるかもしれません。(保証なし)

本格的なレストランではないが、和洋中の創作料理は、一流レストラン並です。(多摩市永山 042-372-0141)

ところで私の個人的な「美味しいお店」の定義は、私の中では、4つの条件が備わっていることが条件です。すなわち、@味A価格BオリジナリティCスタッフの4つです。味については、個人の好き嫌いがあり、規準はあくまでも私個人の味覚。価格も安いというより、コストパフォーマンスが良い事。オリジナリティは、この店独特のものがあるかどうか?独特とは、何でも良い。他店と比べて特筆するものがあればよい。そして、最後は、スタッフのもてなしの心がどうかである。世界的に有名なレストランの評価を決めている、「ミシュラン」でも、この点は大きなポイントである。特別なお祝いの日に一度行ってみて下さい(YO)
posted by Dr.Mura at 22:04| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月11日

ルミエール ドュ ソレイユ

kunitachi.jpg今年2回目の忘年会を、仲間2人と行いました。この仲間とは、和食やフランス料理、韓国料理と色々行っていますが、今回はフランス料理のレストランで、「ルミエール ドュ ソレイユ」というお店に行きました。

このお店は、私の娘に聞いたお店で、娘はランチしか行っていないというのですが、野菜が美味しいと聞き、早速予約しました。

コースは5,000円のコースを皆でいただきました。

・軽い前菜
・前菜
・スープ
・魚か肉料理どちらか1品
・デザート

野菜にはとてもこだわり、山梨県東八代郡中道町と境川より届く無農薬有機野菜や、神奈川県川崎市で農業を営む義弟の作る新鮮でおいしい野菜を、たっぷり使っているそうです。

最初に人参を食べましたが、その食感に驚きました。その料理の中の人参は普通は、柔らかいという自分の頭の中での先入観があって、いざ食べると、これが心地よい堅さ。味は新鮮な人参の本来の味。正にその野菜のもつ本来の食感と、味をできるだけ、最大に引き出した料理法である。

こんなに美味しい野菜を食べたのは始めてである。又是非行きたいお店でした。
posted by Dr.Mura at 23:59| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | グルメ紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月21日

駿河ダイニング「伽音」

ginnan.jpg
先日、静岡に出張した折、お昼を食べるのに、いい店を求めて一人で、
駅周辺の街を歩きました。

静岡は何回も来ている街なので、それなりの良いお店は知っているのですが、
その日は時間の余裕もあったので、新しいお店を見つけたいという思いもあ
って、ブラブラしました。

私のメガネにあった店を偶然見つけました。「伽音」というお店です。

昼食限定30人分と言って、お店の前で呼び込みしていました。
地下のお店なので、お店の雰囲気はわかりませんが、呼び込みの店員の雰囲気から、希望が持てそうなお店でした。

早速、中に入ったところ、造りが新しく(7月にOpen)、雰囲気もよく、店員もいい応対で、まずは合格でした。

軽くワイン(今年のボジョレヌーボ)を飲み、昼会席をいただきました。2,500円でしたが、1品1品が趣向を凝らしてあり、落ち着いた中で、美味しい昼食でした。

出てきた食事の中に、季節の炊き込み御飯(うなぎと銀杏)がありました。3個ほど入っていた銀杏を食べようとした時、箸がすべって、床に落ちてしましました。

落ちた位置は、店員さんが、料理を下げに来た時に、踏みそうな場所だったので、店員を呼びました。

ここで、何ていえば、こちらもお店の人もいい気持ちがするかと、ちょっと考えて言葉を発しました。

「3個しかない貴重な美味しい銀杏を、残念な事に落としてしまいました。」と言いました。

すると、すぐに店員さんは、「料理長からどうぞ」と言って、器に入れた銀杏3個を持ってきてくれました。

もしここで、ただ「銀杏、落としました」とだけ言ったら、わざわざ追加で持ってきてくれたかどうか???

言葉というのは大きな力を持っていて、大事だなと改めて感じました。

たった「3個しかない貴重な美味しい〜残念な事に」の言葉と、「銀杏3個」で、お客側もお店の方もいい気持ちになり、客側(私)は今度また来ようと思いました。

サービスっていうのは、「心を売り」、「心を買う」ものですね。

いい店のリストに1つ追記されました。


残念だったのは、お客さん、友人、家族と一緒でなく、一人だったことです。

以上
posted by Dr.Mura at 23:00| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | グルメ紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月30日

「季の膳」

g552106v.jpg g552106l.jpg g552106ps2.jpg

5年前から、年に数回食事している、いい仲間がいます。2人共私が仕事上で大変にお世話になった方達です。

以前は職場が一緒でしたが、今は別々の会社で働いていますが、私が毎回言い出しっぺで幹事。年に3〜4回「グルメ食事会」をしています。先日その回数を調べたら、17回に達していました。

近況の報告から始まって、仕事、家庭、ビジネスアイデア、グルメ等々話は尽きず、いつも時間を忘れて盛り上がります。

今回の話題は

1)各人の仕事、健康、家族の状況
2)身近な方の死と、残された充実の日々
3) 仕事用サイト
4)インターネット上の新しいアイデア
5)身近なアイデア商品
6)人間ドック情報
7) お土産の交換等  でした。

この会では、私が70%話し、他の2人が聞き、コメントくれるというパターンが1番多い気がします。(お二人ごめんなさい)

日頃思っていることや、現在取り組んでいること、これからやろうと思っている事、いろんなアイデア、時には私の手品の披露も含めながら、話しています。

飽きもせず、いい年のおじいさんの話を真剣に聞き対応してくれるお二人は、私にとって、当に、「心休まる癒しの天使」です。

これからも、年に数回開催しますので、お付合いをお願いします。

なお昨日は新宿の「季の膳」で開催しました。1人方(Sさん)のお勧めのお店でした。

新宿には、なかなか良いお店が無いのですが、「場所」、「雰囲気」、「値段」、「料理」「
もてなし」等々、満足できるお店でした。日によっては、予約しないと席が取れないようです。

今回のコースは、4500円が4000円に割引のコースで、お酒を少し飲んで、3人で、16000円と割安でした。

楽しい1夜でした。

追加
※9月30日申し込み最後締め切りの、「安価な人間ドック」の情報をHさんに教えていただき、脳ドックのオプションを追加して、申し込みました。

posted by Dr.Mura at 07:33| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月20日

システムと運用2

又デザインを変えてみました。昨日のは、ちょっと地味でしたから。夏らしくスイカの模様にしました。

さて、今日のチョイハナは、昨日の「システムと運用」の続編です。

「飲食店・運用(運営)に関する」つながりでの話です。

紹介するお店は、幡ヶ谷駅構内のビルにあります。元々このオーナーシェフを、友人が昔から知っていると言うことで、仕事の打ち上げで行ったのは、2年前の6月でした。

お店の名前は、「チャイナハウス龍口酒家」と言い、オーナーシェフの石橋さんは、いつでも5000種類ぐらいの中華料理は作れると豪語する達人で、東京でも有名店の1つです。

このお店の凄いのは、究極のお店運用(運営)です。
(もちろんオーナーシェフの気さくな人柄や、どれ1つをとっても実に美味しい本格的な中華も凄いのですが、私が一番感心したのは運営です。)

その仕組みを紹介します。

●中華料理屋ですが、普通のお店と違います。
●お店にメニューはなく、すべてシェフのお任せのコースです。
●ほぼ全員が予約のお客で、お店は20名ぐらい収容可能です。
●いつ行っても、まず最初に前菜が出ます。
●料理は、何が出てくるかわかりません。すべてシェフ任せです。
●シェフが「エビチリ」を作ろうと思ったら、まず客数を数えます。
●その人数分だけ「エビチリ」を作り、お客様全員に配ります。
●お店にいるお客は、一斉に同じ「エビチリ」を食べはじめます。
●途中から加わったお客は、次の料理から、参加になります。
●全員が食べてる間、シェフは飲物を運んだり、片づけをします。
●料理がなくなってくる頃合を見て、又人数を数えます。
●その人数分だけ、次の料理(例「チャーハン」)を作ります。
●それを又配ります。この繰り返しで、新しい料理が出てきます。
●お腹一杯になってきたら、宣言しおしまいです。

実に考えられたシステムと思いました。

●いちいちお客の注文をとらないので、定員が要らない。
●同じ料理を一斉に作るので、効率が良い。
●シェフが皿洗いや片づけをするので、洗い場の人が要らない。
●会計は飲み物と、「ある料理〜ある料理」の人数分、計算簡単。
●一斉に食べても、一斉に帰らないから、会計係りはシェフ。
●シェフが、料理、ウエイター、洗い場、会計の全て1人で出来る。

なんと効率的な飲食店経営でしょうか。!!

もちろん一見の客よりも、なじみの客が大半を占め、システムを理解しているお客でなければ成り立ちませんが、たいしたものです。
posted by Dr.Mura at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月19日

システムと運用

会社の近くに、新しく居酒屋のお店が出来たので、お昼を食べに行った。

場所は、いつも行く、スパゲッティー屋さんの手前で、お店の名前は「あ麺んぼ」。麺に特にこだわっているとは思えないので、今度名前の由来はきいておこう。

ここのお店の売りは、「お客の望む事を、総て取り入れた、ユーザー中心のシステムのお店」という。

しかしながら、そのシステムのせいで、お客が多く来た時の、対応が熟練していない為、お昼時に20分程度待たされたと言う。システムは良いが、その運用に問題ありか?

話はそれるが、私は、現在、大量のサーバーの運用設計をしている。いくらハードやソフトが優れていても、その運用がきちんとされていないと、宝の持ち腐れとなり、機能発揮しない。

さて、そんな話を事前に聞いていたので、いつもより早弁をして、12時にその店についた。

そのいくつかを上げると

(1)自分の食べたいお惣菜を、9品ある中から、3品選んで、850円。
(2)ご飯、味噌汁、サラダは全員についてくる。
(3)3品は多いという人には、2品で700円というコースもある。
(4)ごはんはお変わり自由
(5)コーヒーが100円で飲み放題。
(6)イス席、又は掘りごたつ式で、リラックスして、食事が出来る。
(7)9品には、デザートも1品ある。3品の中に、それを選択しても良い。
(8)開店したばかりなので、あまり混んでいない。

そんな良いお客の満足度を満たす店である為、混んでいるとの友人の話を聞き、12時ジャストぐらいに着いたら、先客が2組あったが、難なく座れた。

既に行ったことのある、友人は、システムもよし、料理も1つ1つ美味しいしかしながら、料理を作る料理人が、1つ1つの客が色々注文するのとある程度時間がすぎると、作り置きが無いらしく、その場で1つ1つ作るので時間がかかる。(注文してから20分程度かかった)


〒167−0032 東京都杉並区天沼3-29-14 03-3391-9966
posted by Dr.Mura at 00:10| 東京 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | グルメ紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月20日

ボンクール「フランス料理」【八王子】

s07.jpg s01.jpg

 会社の友人に紹介してもらって、八王子の駅前の小さなフランス料理店「ボンクール」に最初に行ったのは、昨年の今ごろでした。

その時は、ランチコースだったんですが、昼休みの中での食事はあわただしく、是非今度はゆっくり夜来たいものだと思ったいいお店でした。料理の美味さもさることながら、ウエイトレスのお嬢さんが、なかなかの気配りと、マナーのよさと、そして自信を持った料理の説明に、心打たれました。

そのお店に、1年振りに再び行きました。きっかけは、東村山の友人の通夜でした。

その日の夕方、その友人が亡くなった連絡を受け、すぐに八高線の箱根ヶ崎の瑞穂斎場まで行き、お線香をあげさせていただき、故人のご冥福をお祈りしました。

51歳という若さで、亡くなったのが残念でなりませんでした。夜の食事もしていないので八王子で降りて、1人で和食をいただきながら日本酒を飲もうと、前から気になっていた和食のお店に行きましたが、残念ながら日曜日でお休みでした。

仕方なくどこで食事しようかと思っていたところ、その場所が、「ボンクール」のすぐ近くだったことを思いだし、気分と多少違いますが、訪問しました。

「とこぶしのテリーヌ、オレンジ風味」、「スペイン産イベリコ豚、エシャロットの赤ワイン添え」を食べ、ワイン2杯を美味しくいただきました。スペイン産イベリコ豚は、どんぐりしか食べない豚だそうですが、しっかりした肉で、赤ワインが十分染み込み、なかなかのものでした。

お店は、ほぼ一杯で、私以外がすべて男女のペアばかりで、中年おじさんが1人で場違いでしたが、そんな状況を苦にさせないウエイトレスのお嬢さんの気配りでした。お店は14人で一杯の小さいお店ですが、常連さんが多く(HPの掲示板を見れば、よくわかる)、食材も料理もワインもなかなかでした。

是非今度は、会社の仲間と、楽しく食べ、飲みたいと思いました。
posted by Dr.Mura at 12:12| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月01日

みやま「日本料理」【八王子】

ph_miyama01.jpg私が数年前、〇〇商工会の「ホームページ講座」の講師をしていた時の、受講者の方と、先日初めて食事をしました。

前のお勤め先を退社され、私の会社の近くに転職されたということで、「食事でも」ということになり、昼休みを利用して、近場の「京王プラザホテル」の「日本料理 みやま」で食事しました。

受講者の中では一番優秀な方で、自社のホームページを更新したいと意欲満々でしたが、その講座では、具体的で詳細なHTML言語の内容までお教えする時間もなく、完全に更新は出来ないままに終了しました。受講生のレベルの差が大きく、やっとキーボードが打てるような方も一緒でしたので、優秀なその方に特別詳細な講義をすることも出来なかったのです。

その後、1年経過した時に連絡を戴きました。実は私が数年前に企画し、大阪の会社で開発された、「誰でもメールを打つ能力でホームページが更新できるシステム」を利用したいと言うことでした。早速紹介し、契約いただき、ご自身で自社のHPを立ち上げていただきました。

その後も、レンタルサーバーの移転、メール設定、ホームページのアドバイス等連絡をとらせていただきました。昨年末にその会社をお辞めになったそうで、今回の連絡となりました。

ph_miyama03.jpgさて、日本料理「みやま」ですが、一流ホテルの階上の日本料理店という事で、階上からの見晴らし、店員の言葉遣いや対応は、まずまずでしたが、和風懐石独特の、「出てきた料理の説明」がありませんでした。

確かに1つ1つは、見ればわかる内容でしたが、その1つ1つを説明してもらうと一段と美味さがますものですが、それが無かったのは残念でした。

短時間ではありましたが、楽しいランチタイムをすごすことが出来ました。
posted by Dr.Mura at 16:18| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月05日

アラカルト「創作フランス料理」【荻窪】

私の〇〇歳の誕生日に、会社の仲間2人と一緒に食事&飲み会をしました。誕生祝いということで、今日はお二人にご馳走になりました。(ご馳走さま。今度は私がご馳走します)

arakaruto.jpg行ったお店は、いつもランチを食べに行っている、商店街「アラカルト」。いつもは昼おいしいスパゲッティ-か、カレーを食べていますが、一度夜本格的な創作フランス料理を食べに行きたいと思っていまして、それが実現しました。

鹿の肉エシャレット、フォアグラ、鯵のエスカレーション、牛スジのデミグラスソース風、エイひれのフライ、サラダをいただきました。どれもおいしかったです。焼酎も豊富で、「伊佐美」も手ごろな価格で飲めました。


お店の宣伝文句には

『あれもこれも食べたい女性に大人気のレストラン、『アラカルト』。フレンチベースの創作料理は旬の素材を活かしたメニューがいっぱい!一流ホテルで修業を積んだ「シェフ柳」が作る和のテイストをプラスしたフレンチソースは絶品です。』




posted by Dr.Mura at 13:49| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

沙山亭「京会席」【静岡】

kaiseki2.jpg左上:くわいのから揚げチップ
籠は昆布で作ってあり食べれる
右上:ゆばとしょうがの豆腐仕立て
左下:しいたけと山芋のすり身
左下:スイートポテトの抹茶仕立て
右下:梨のワイン煮

会席料理の中の前菜です。
その他季節感のあるおいしい物を、いつも出してくれます。

静岡にある、「沙山亭」です。
posted by Dr.Mura at 08:47| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。