ABCDEF

2005年11月25日

文字の大きさ

8月7日のBlogから、文字の大きさをHTMLで指定するように設定しました。

一部(10月22日分)記事の中には、HTML設定を忘れているものはありますが、基本的にすべてHTML設定しているので、文字の大きさが自分の指定の大きさになります。

もともとWebの文字の大きさについては、HTMLでは、Webの作者が、ある大きさに指定したとしても、読者がIEの表示で文字サイズを変えてしますと、大きくも小さくもなります。

大きな文字にされると、レイアウトがおかしくなったり(文字の途中で改行が入ったり)、小さすぎて見えなかったりという現象が発生します。

そこで、CSS指定により、Web作者が指定すると、その大きさを変えられないという手法が段々多くなってきました。

しかし、これは先程の、見る人によって大きさを変更できないというデメリットもあり、(最近はサイズ用のボタンをわざわざ作っているWebもあります。)

大きさについては、このBlogでも、その人の完成、年齢、嗜好等によって、最適サイズが異なります。

実は、私がBlogを始めた理由の中に、レイアウトや文字の装飾、サイズ等も自由に変更したいと考えていましたが、HTMLでの変更は可能なのですが、それ以外はじっくり調べる間が無く、今にいたっています。

今後少しづつ変更していきます。乞うご期待。

とりあえずは、この記事より、又HTML言語設定しますので、自由に大きさを変更することが可能となります。

以上


posted by Dr.Mura at 12:30| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | ブログ作成あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
文字の大きさは、自分の見慣れたものが一番良いと感じると思います。
このチョイハナブログも、はじめの頃は小さな文字で、それに慣れていたのですが、ある時期から大きな文字になり、始めは、ちょっと大きいように感じました。しかしすぐに、前の小さな文字より見やすく感じるようになりました。最近、小さな文字に戻っていましたが、又大きな文字に戻り、この方が良いと感じます。
昔、購読していた新聞が、文字のポイントを大きく変更し、始めは少し違和感を感じつつも、すぐに慣れたのと似ています。
Posted by セニョールS at 2005年11月26日 21:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。