ABCDEF

2005年11月19日

新しい床屋さん

先週の水曜日に、会社の近くの床屋さんへ行きました。

このお店は2回目ですが、会社の近くにあって、最近(3ヶ月前)に開店したばかりの、いいお店です。如何に良いかは後で説明するとして、私が床屋に行く時は、いつも決めていることがあります。

それは、いつも行く床屋さんは、職場の近くの床屋さんと決めている事です。

会社の休みの日に、自宅近くのお店に行くと、結局貴重な休みの時間を3〜4時間費やされてしまい、もったいないからです。


その点、職場の近くは、Weekdayに、閉店ぎりぎりの8時前に駆け込めば、だいたいすぐにやってくれ、しかも1時間近くで、すっきり出来るからです。

ある有名な格言に、「1日良い気分になりたければ、床屋に行きなさい」とういうのがありますが、終わった後は、いつもとてもいい気分になります。

さて、前述の床屋さんですが、同じ名前のお店が、古くから駅前にありいますが、その姉妹店ということで、息子さんが立ち上げたようです。

路地をはさんで前後ろで、しかも客イスが2つしかない狭い床屋さんですが、その取り組み姿勢がすごいのです。

まず、時間予約可能、閉店は夜9時。散髪以外に、平日サービスで、いろんな事を無料でやってくれます。

最初はフェイシャルマッサージ、今月は毛根洗浄です。その他、頭髪マッサージ、泥パック、白髪染め等々、色々とトッピング(お店ではこう表現している)サービスを用意し、その月々で、無料のサービスを付加しています。

開店の月に言った時は、フェイシャルマッサージ、そして今回は前回のサービス券(フェイシャルマッサージ)と、今月のサービスである、「毛根洗浄」の2つのトッピングを無料でやっていただきました。

正に約1時間15分、極楽のような気持ちよさでした。

現在トッピングの種類は7〜8種類あり、全てお願いすると、2700円程度ということでした。さすがまだ誰もTryしたお客様は、まだいないようですが、今後必ずお客様を増やしていくと思います。

ともかくお客様の要望を聞き出し、更にお客様の如何に満足していただこうかと真剣です。

例えば、機械によるマッサージにしても、形だけ両肩と首筋を1分程度やるのではなく、背中から手首まで少なくとも5分はしっかりやってくれます。

更に、お店に入って、2〜3回咳き込んだら、「のど飴揚げましょうか?大丈夫でしょうか?」と声かけていただく、サービスの入れよう。

エステやマッサージという癒しを求める若い女性、御婦人は多いと思いますが、そんな施設は
一杯ありますが、私のようなおじさんも同様の癒しを求めていますが、なかなかその専門のお店に一人で入る勇気はありません。

そんな時に、床屋に行ったら、一緒にやってくれるというこのお店、なかなかいいんじゃないでしょうか?

私の「癒し系お店リスト」に記載したいと思います。


posted by Dr.Mura at 23:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | こだわり(身の回り編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。