ABCDEF

2005年11月11日

生協の白石さん

shiraishi.jpg
11月9日より途切れているチョイハナですが、次の11月11日号をお届けします。
日付が誤っていますが、お許しください。

今日は、先日の11月9日にセニョールSさんからいただいた、「生協の白石さん(白石昌則、農工大の学生の皆さん)講談社」について、書き込みます。

ご存知のように、今この本はベストセラーになっています。他からの情報によると、昨日のTBSテレビで紹介されたようです。

(1)東京農工大の生協の掲示板に貼られた、生協担当者の白石さんのコメントがすばらしく、それがネットに書き込まれ、多くのファンが出来、結局本になったものです。
(2)氏名、性別は不明となっていますが、本の最後を見ると男の方です。年齢は、30代後半でしょうか?
(2)1週間前に読み,私も昼休みに購入して、昼休みと帰りの電車で読み終わりました。
(3)学生から寄せられた要望、意見、依頼に対して、あくまでもご意見は尊重し、短い文章で、的確に表現し、しかも相手の方の心が癒される様な表現になっています。

この本から教わったことは、的確に短い文章で表現する事のすごさを感じました。

私のこのチョイハナも、それを目指していますが、いつもなんだなかんだと書きまくって、思いの丈を出せるだけ出して、読者を困らせています。

すっきりする文章を書くためにも、今後は何百字以内と決めて書く訓練をします。

inamura.jpg本屋でまだ立ち読み(立ち見)しかしていませんが、「生協の白石さん」と同じような本が話題になっていますので、ついでに紹介します。「今日の猫村さん1」です。

この本は、ケーブルインターネットの会員専用コンテンツで好評連載した作品が単行本になったものです。主役は猫の家政婦「猫村ねこ」昔かわいがってくれた坊ちゃんを探すべく、犬神家に奉公することになります。家庭崩壊しつつある一家を猫村さんが救うのです。

ネットからの本という意味で紹介しました。


posted by Dr.Mura at 23:10| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 本と添い寝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この前、お勧めのコメントを書かせて頂いた「生協の白石さん」を取り上げて頂き、ありがとうございます。私が、この本で最も感銘を受けたのは、この白石さんという人が、自らの職務に対し、できる限りの誠意を持って取り組んでいる姿勢でした。
たまたま農工大の学生が、これは面白いということでネット上で取り上げてブレイクした訳ですが、ご本人はこれまでと比べて、特別に舞い上がる訳でもなく、今までの通り仕事をしていることがスゴイと思います。自分の仕事に対し、白石さんのように精一杯のパフォーマンスをしていれば、もっと世の中、活気が出てくるだろうと思いました。
白石さんの姿勢が指示される理由としては、彼のコメントに「奉仕」と「自立」の精神が感じられ、決して押し付けがましくもなく、自己陶酔でもなく、非常にバランスの取れたものであることだと思います。
以下のサイトに、本の内容が掲載されているので、ご覧になっていない方はどうぞ。

「がんばれ、生協の白石さん!」
http://shiraishi.seesaa.net/
Posted by セニョールS at 2005年11月20日 23:55
私が忙しい中、パッパと書いた文章に対して、セニョルSさんが、丁寧に本の感想を書いていただき感謝。私の感想も同感です。
Posted by チョイハナ編集長 at 2005年11月21日 00:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。