ABCDEF

2005年11月07日

孫の753

先日孫の七五三で、都内まで出かけていきました。

駅近くの「区の施設」にある、結婚式場の写真屋さんに撮影をお願いしました。

娘の家族の事情で、3歳になってからでなく、2歳半で七五三をやったので、まだ孫が分別がつかず、なかなか写真撮影が旨くできなくて、苦労しました。

しかし、うまくいかなかった大半の理由は、下手な写真屋のカメラマンのせいです。

年齢的60歳を超えたベテランの域にある方なんですが、素人より段取りと写す技術がなく、参りました。

@2歳半の孫を写すのに、ちょっと着物や飴の位置がずれていると何回もなおすものだから、いい加減いやになって、泣き出してしまいました。
(付き添いの女性がいるのですから、任せばいいのに)

A私が着いた時は、丁度親子3人で写していましたが、なかなか良い顔とポーズが出来ず、孫のあんな怖い顔を見たことが無いというほど、緊張して凄い形相でした。(頬が硬直していました)

B「良い感じ」と思った時は、フラッシュが光らず、又姿勢が崩れる。
 この連続で結局3人での撮影は旨くいかずに、やめました。

C今度は全員で写すことになった時、前におじいちゃん、おばあちゃんが4人すわり、真ん中に孫を立たせるのですが、まず4つ揃えたイスの形と色が1つ違う。写す前に、こちらが指摘
 して、変更した。(そのイスはカメラマンが設定した)

D孫の両脇に婿の両親が並び、私ら夫婦は両脇。これでは、婿の両親が熟年結婚で、我々が仲人のような位置。これも関係性をきちんと説明したのに、これで良いといいましたが、結局
 左側に私ら夫婦、右側に婿の両親で落ち着きました。
 真ん中は孫です。たったこれだけのことに時間が相当かかりました。

E大人の我々でさえも、いい加減にしてくれという時間の長さにぐったり。
 しかも、カメラアングルがなかなか決まらず、フラッシュは光らず、散々でした。出来上がりは、期待薄。

どうしてくれる!写真屋さん。こんな写真に38、500円は払えない。

顔をこわばらせていた孫の顔が、ディジタル処理で修正し笑っていたら、正にこれこそ「作り笑い」。

散々な日でしたが、後の宴会は盛り上がりました。

下の写真は、娘が自宅で撮った素顔の孫の写真です。これがあるからいいか。



753.jpg


posted by Dr.Mura at 23:00| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 孫と一緒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
写真屋さんでは結構大変だったようですが、自分で撮られた写真は、写真屋さんの入口に展示してある写真のようです!チョイハナ編集長は、名写真家であることを知りました!
Posted by セニョール at 2005年11月11日 06:43
七五三の写真はうちの子の時もなかなかいい表情で撮れなく、その年の年賀状はマイカメラの写真で撮ったものを載せました!チョイハナ編集長の写真、とっても自然に撮れていて良いですね。何気ないのが本当は良いのかもしれません。
Posted by Qちゃん at 2005年11月11日 10:19
すみません、文章を丁寧に読まず、すぐコメントしてしまいました。写真は娘さんの作品だったのですね!早とちりで、失礼致しました。。。
Posted by セニョールS at 2005年11月13日 21:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。