ABCDEF

2005年09月26日

文化の薫り高い1日

shin.jpg

昨日は3連休の最後の日。相変わらず忙しく色々やることは有るんですが、どうしてもやりたいことを、まず朝・く起きて片付けました。

午前中に洋服を買う為に大型スーパーへ。更に靴下を買おうと思ったら、以前の本「伊勢丹な人」で読んだ、長い靴下を見つけ、2000円が1500円に値下げされていたので、試しに購入。更に本屋へ行って、4冊の本を買う。

午後からは、片付けの時に偶然見つけたJazzのCDを聞きながら、自分の部屋を片付け、本を読む。「なかなかいい雰囲気。」

数ヶ月前に購入した新しいPCを開梱し、とりあえず、セッティングだけした。これで、我が家のPCはデスクトップ3台、ノート2台になりました。OSは98、ME、2000、XPと豊富。仕事で必要なので、これだけあるが、きちんと整理されると、すっきり。

片づけがある程度遜わって、本を2冊読みました。夜は妻と映画を見に行きました。映画も久しぶりで、ラッセル・クロー主演の「シンデレラマン」を見ました。50歳以上の2人組は割引で1人1、000円ではいれました。

この映画は、1920年後半の大恐慌のアメリカで、「シンデレラのように、甦った実在のプロボクサー」の物語です。

どんな状況になっても、家族の絆と、信頼する夫婦愛で、希望をもって生き抜くことの大事さを描いたすばらしい作品でした。

ボクシングシーンは気合を入れて作ったという前評判どおり、なかなか迫力あるシーンと、それを追うカメラアングル、そして全体を盛り上げる効果音は、大変に迫力があり、自分が打ち合っているような気がする程の臨場感がありました。

贅沢を言うと、最後のボクシングシーンの後に、家族が喜びあい、抱き合うシーン欲しかったと思いました。そうしたら、最後に涙が溢れ出たと思いました。家族愛や、挑戦する心、そしてどこまでも希望を失わない信頼しあう夫婦にはジーンときました。

久しぶりに見たいい映画でしたね。

非常に文化的な1日でした。



この記事へのコメント
私は昨日の午前中は、車のキズの補修を自分で行い、結構目立たなくしました。午後は壊れて買い換えたテレビの設置、画面が大きくなりました。その後は、久しぶりにギョーザ作りをしました。慣れないもので、時間はかかりましたが好評でした。それなりに面白い一日でした。
Posted by セニョール at 2005年09月26日 07:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。