ABCDEF

2005年09月24日

更なる2ndの挑戦

いい歳をしながら、いまだに少年のような強い好奇心を持ち、どんな分野にも興味を示し、どんな物にも好奇心が強く、気になった事は全てメモし、後でチェックする。そんなお爺さんの私です。

そして、興味ある物に対しては、それを実際に見たり、聞いたり、買ったり、使ったり、試したりする事は日常茶飯事。興味ある事に時間を費やすのは誰でも苦にはならないと思うが、仕事(正業とサイドビジネス)、多くの地域活動等でただでさえ結構多忙な毎日の中で、益々日々忙しい。

良かった事、得した事、感動した事、感謝された事、反省する事を沢山経験でき、自分では、それ分充実した人生を楽しんでいると思い込んでいます。

しかしその反動か、自然の理か、当然の成り行きか、どうしても1つの事をずっとやり続けることが苦手と言うか、続けられないのが、大きな弱点です。(継続は力なりで言えば、力がついていない)

別の言い方をすると、誰人も同じ24時間の中で、どう時間を工面するかを考えると、結局、新しい事に時間を費やすと、それに掛かった時間の分だけ、今までの他の時間を減らさなくてはいけない。時にはそれが睡眠時間だったり、今まで続けていた事の時間だったりする。

おのずと興味が少なくなった優先順位の低いものは遠ざかり、いずれ其の時間が削られ無くなってしまう。

何回目かのダイエット、日常の仕事の仕方、整理整頓、時間管理、高度なコンピュータ技術等々、熱しやすく、冷めやすいところが多々ある。

そんな中、今回のチョイハナBlogの100日連続書き込みは、1つの挑戦でありました。苦しい時や、良い題材が見つからない時は、予定の日がすぎて貯まった分を一挙に書き込んだ日もありましたが、ともかく100日続けられた事は、マラソンランナーの有森裕子が、オリンピックで「連続メダルを取った時に「自分で自分を褒めてあげたい」と言った言葉を、私自身に送りたい気持ちでした。

以前もメールで親しい友人にメッセージを送ったことがありました。記録を見たら、連続100日は以前にもありました。(1999年7月29日)ほぼ毎日でしたが、この時は、ネタがあった時は1日に数通、無い時は1週間以上何も書きませんでした。生みの苦しみや、書かなければいけないという圧迫はありませんでした。前回は200日は続きませんでした。ネタ切れでした。

今回はともかく毎日に挑戦。6月3日にスタートして、9月10日に無事終了しました。そして、2ndの挑戦として、翌日の9月11日より再度100日連続書き込みに挑戦スタートしました。

但し2つの媒体に。1つは従来のBlogに、チョイハナを。もう1つは、メーリングリストで(但し内容は別のもの)数人の仲間のグループへチョイハナと違うメッセージをメールで。

この2つを交互に発信しています。今月、来月は奇数日がメーリングリスト 、偶数日がチョイハナblogになります。

「連続200日書き込み」を目指して、50歳後半の挑戦です。応援メッセージよろしくお願いします。


posted by Dr.Mura at 23:30| 東京 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | チョイハナ教訓集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
100日達成で、少し一休みと思っていましたが、実はメール&WEBで、次への挑戦を開始していたとは!書き続けることで、チョイハナも、更に高く、遠くへ進んでいくものと思います。
最近、好きな言葉は「完全燃焼」で、何事であれ、自分の好きなものに、どれだけ自分を没頭させていくことが大事だと感じています。そう考えると、興味のあることに気が移るのは、実に健全なことではないでしょうか。
「一つのことを続けるのが苦手」と書かれていますが、既に100日以上もチョイハナも続いているので、もう十分に「継続は力なり」のレベルでしょう!
Posted by セニョール at 2005年09月25日 14:19
セニョールさんへ

いつも家族ぐるみの応援のコメント有難うございます。

ところで、8月23日以前は、セニョールSさんが、それ以降はセニョールさんになったのは、理由がありますか?

Posted by チョイハナ編集長 at 2005年09月26日 00:17
セニョールSとしていましたが、短くても良いかなと思って、Sを落とすようになりました。今後もセニョールで行きますね。
Posted by セニョール at 2005年09月26日 07:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。