ABCDEF

2005年07月11日

携帯電話でATMにカギを

又新しい技術が発表された。

7月7日付けの日経新聞に、「ATM預金不正引出し防止」に携帯電話を「カギ」代わりにして不正を防ぐシステムが、NTTコから発表されたとあった。

img177.jpgそれによると、利用者は預金を下ろす時だけ、自分の携帯電話からカギを外す。それ以外はロックをかけ、不正引出しが出来ないようにする新システムです。

東京海上日動火災保険と提携して地方銀行や信用金庫に販売する。

銀行カードによる不正引出し対策は、大手銀行から生体認証やICカードで対策が始まっているが、地方銀行や信用金庫では、その設備にお金がかかり、進んでいない。このシステムは、初期投資が3000万円〜5000万円で、設備の交換が必要ないので、初期投資費用が低く抑えられるという。

引き出したい直前に、インターネット経由で銀行のサイトにつなぎ、パスワードを入れ、ロックを解除する。セキュリティー解除の時は、携帯の機種番号を入れる為、パスワードだけが盗まれても、ロック解除できないという。

携帯を使った又新しい機能が1つ誕生する。携帯が個人にとって、必要不可欠な時代に益々進んでいく。


posted by Dr.Mura at 12:13| 東京 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | 新技術・新製品・新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
携帯の新技術、これを開発しているのがドコモではないことが興味深いです。
Posted by セニョールS at 2005年07月11日 23:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。