ABCDEF

2005年06月21日

ポケットの中身(こだわり身の回り編)

サラリーマンは、殆んど毎日背広を着て、鞄を持って出勤する。

以前はいつでも何でも取り出せるようにと、鞄、背広のポケットに多くの物をいれ、持ち歩いていました。

中にはいつ使うかも知れない手品が5種類とか、既に読み終わった本が長くそのままで入っていたりしたこともありました。

最近のマイブームで、身近な整理整頓を心がけるようになり、その第一歩が、背広のポケットから始まりました。

色々な試行錯誤を重ねて至った結論を紹介します。但し人それぞれ環境や価値観が違うので、そのまま役に立たないかも知れませんが、何かの参考にしていただければ。

ポケットの中のこだわり

 1 上着の胸はポケットチーフ(普段はキザなのでしまってある。大阪市?)
 2 上着の右は定期券を裸で2枚(定期入れを使わないところがいい)
 3 上着の左は回数券を裸で2種類
 4 上着の右内側には、万能手帳、夏は扇子も
 5 上着の左内側には何も入れない(シャツのポケットとかさばるから)
 6 ワイシャツの胸には、携帯、黒ペン、マーカー
 7 ズボンの右前にはハンカチ、小ポケットに小銭
 8 ズボンの左尻には、千円札を裸で2〜3枚
 9 ズボンの左尻には、その日もらった領収書
10 財布は基本的に鞄の中に入れる

この方式に変更して約3ヶ月、やっと入れるもの、入れる場所が、明確になったことにより
忘れ物がなくなり、軽装になりました。

皆さんも、自分なりの工夫すると、色んなアイデアや発見が出来ますよ。


posted by Dr.Mura at 13:01| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | こだわり(身の回り編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。