ABCDEF

2005年12月01日

置時計

tokei.jpg置時計を買った。

10センチ四方の大きさで,液晶で大きな文字がすっきりしている、月日、時、分、曜日と温度が表示される。

イトーヨーカ堂で2,000円で購入した。先々週購入しようと思った時はそれより高く、今回は、たまたま安売り対象商品で、安くなっていた。ラッキー。

ここチョイハナに記事として書いたのは、この時計を買ってチョッとびっくりしたことが有ったからだ。

それは、「時刻あわせの機構」である。今までの私の概念では、ボタンを押して正規の時刻にあわせるとばかり思っていたところ(もちろんそういう設定の仕方も可能であるが)、この時計の時刻あわせは、「標準電波」を受信して、現在時刻を表示する仕組みになっていることでした。

電波修正機能がある。この機能は、常に正確な時刻及びカレンダー情報をのせた標準電波を受信することによって、現在時刻を表示する時計なのです。

この時刻情報を載せた電波による時間は、10万年に1秒という誤差という。そこまで性能よくなくても、いいが、すごい精度です。

電波の強さにより、日本では2個所(福島と九州)から電波が発信されているという。

最初に購入して、この電波を受けた時点から、日本標準時を間違いなく表示するはずであったが、残念ながら、我が家の私の部屋では電波の力が弱く、キャッチできずに、結局、従来の設定方式で設定せざるを得なかったので、なんの意味も無いが、そういう機能があることに驚いた。

予断であるが、昨日電車に乗っていたら、初老の男性と30代中頃の女性が話していた。

中国では、「置時計」をプレゼントに送るのは絶対にご法度。何故なら「プレゼント」と「置き時計」が死者を見送る(送る)という言葉(意味)になるので、それだけはダメだと話していた。


posted by Dr.Mura at 23:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 新技術・新製品・新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/10159426

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。