ABCDEF

2005年09月30日

「季の膳」

g552106v.jpg g552106l.jpg g552106ps2.jpg

5年前から、年に数回食事している、いい仲間がいます。2人共私が仕事上で大変にお世話になった方達です。

以前は職場が一緒でしたが、今は別々の会社で働いていますが、私が毎回言い出しっぺで幹事。年に3〜4回「グルメ食事会」をしています。先日その回数を調べたら、17回に達していました。

近況の報告から始まって、仕事、家庭、ビジネスアイデア、グルメ等々話は尽きず、いつも時間を忘れて盛り上がります。

今回の話題は

1)各人の仕事、健康、家族の状況
2)身近な方の死と、残された充実の日々
3) 仕事用サイト
4)インターネット上の新しいアイデア
5)身近なアイデア商品
6)人間ドック情報
7) お土産の交換等  でした。

この会では、私が70%話し、他の2人が聞き、コメントくれるというパターンが1番多い気がします。(お二人ごめんなさい)

日頃思っていることや、現在取り組んでいること、これからやろうと思っている事、いろんなアイデア、時には私の手品の披露も含めながら、話しています。

飽きもせず、いい年のおじいさんの話を真剣に聞き対応してくれるお二人は、私にとって、当に、「心休まる癒しの天使」です。

これからも、年に数回開催しますので、お付合いをお願いします。

なお昨日は新宿の「季の膳」で開催しました。1人方(Sさん)のお勧めのお店でした。

新宿には、なかなか良いお店が無いのですが、「場所」、「雰囲気」、「値段」、「料理」「
もてなし」等々、満足できるお店でした。日によっては、予約しないと席が取れないようです。

今回のコースは、4500円が4000円に割引のコースで、お酒を少し飲んで、3人で、16000円と割安でした。

楽しい1夜でした。

追加
※9月30日申し込み最後締め切りの、「安価な人間ドック」の情報をHさんに教えていただき、脳ドックのオプションを追加して、申し込みました。

posted by Dr.Mura at 07:33| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月28日

鞄のこと

今日は鞄について、一言書き込みます。

鞄が大好きで、いろんな種類の鞄を持っています。利用目的に合わせて大型スーツケースからポシェットまで、ざっと数えて20個はあると思います。特に多いのがビジネス鞄です。

ビジネス鞄は毎日使う物なので、ある程度利用すると、飽きるのと、少しくたびれてくるので、新しいビジネス用の鞄が欲しくなる。

だからと言って壊れたり、使えなくなった物ではないので、捨てきれず、数多くある。ほとんどくたびれているわけではなく、今でも立派に使えるものばかりです。時として、前使ったものを又使い出す時もあります。

次は鞄の中の話です。鞄の中に色んな物を入れています。いつでも欲しいものが引っ張り出せるように、どんな状況でも「ドラえもんのポケット」のように、何でも出せたら良いなと思って、鞄に入れて持ち運んでいる。

結局これで鞄が重たくなる。体にこたえる。先週思い切って、鞄の中を整理し、軽くしました。軽くしたものは、以下のとおりです。

驚くこと無かれ。笑うことなかれ。これで鞄の重さが2kg軽くなり、非常に楽になりました。


(1)本2冊
  → 読みかけの本と、次に読みたい本。通勤の途中で読み終
    えた時に次読む本がないと時間がもったいない。
    (本1冊にしました)

(2)手品5個
  → いつでもちょっとしたコミュニケーションのつなぎに使える。
    でも手品は2品にしました。

(3)ティッシュ2個
  → 非常時、地震時として。(ティシュ 1個にしました)

(4)ディジタルカメラ1台
  → 携帯のカメラで代用の為、出しました。

(5)保険証、貯金通帳1式
  → 必要な時だけ入れるようにする為、出しました。

(6)ノートパソコン 1式
  → 会社で昼休み使うが、会社の机に置いておきました。

(7)筆記用具 10本
  → 整理して 3本

非常にすっきりしました。皆さんも私ほどではないと思いますが、1度鞄を整理されたらいいと思います。

posted by Dr.Mura at 06:51| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | こだわり(身の回り編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月26日

文化の薫り高い1日

shin.jpg

昨日は3連休の最後の日。相変わらず忙しく色々やることは有るんですが、どうしてもやりたいことを、まず朝・く起きて片付けました。

午前中に洋服を買う為に大型スーパーへ。更に靴下を買おうと思ったら、以前の本「伊勢丹な人」で読んだ、長い靴下を見つけ、2000円が1500円に値下げされていたので、試しに購入。更に本屋へ行って、4冊の本を買う。

午後からは、片付けの時に偶然見つけたJazzのCDを聞きながら、自分の部屋を片付け、本を読む。「なかなかいい雰囲気。」

数ヶ月前に購入した新しいPCを開梱し、とりあえず、セッティングだけした。これで、我が家のPCはデスクトップ3台、ノート2台になりました。OSは98、ME、2000、XPと豊富。仕事で必要なので、これだけあるが、きちんと整理されると、すっきり。

片づけがある程度遜わって、本を2冊読みました。夜は妻と映画を見に行きました。映画も久しぶりで、ラッセル・クロー主演の「シンデレラマン」を見ました。50歳以上の2人組は割引で1人1、000円ではいれました。

この映画は、1920年後半の大恐慌のアメリカで、「シンデレラのように、甦った実在のプロボクサー」の物語です。

どんな状況になっても、家族の絆と、信頼する夫婦愛で、希望をもって生き抜くことの大事さを描いたすばらしい作品でした。

ボクシングシーンは気合を入れて作ったという前評判どおり、なかなか迫力あるシーンと、それを追うカメラアングル、そして全体を盛り上げる効果音は、大変に迫力があり、自分が打ち合っているような気がする程の臨場感がありました。

贅沢を言うと、最後のボクシングシーンの後に、家族が喜びあい、抱き合うシーン欲しかったと思いました。そうしたら、最後に涙が溢れ出たと思いました。家族愛や、挑戦する心、そしてどこまでも希望を失わない信頼しあう夫婦にはジーンときました。

久しぶりに見たいい映画でしたね。

非常に文化的な1日でした。

2005年09月24日

更なる2ndの挑戦

いい歳をしながら、いまだに少年のような強い好奇心を持ち、どんな分野にも興味を示し、どんな物にも好奇心が強く、気になった事は全てメモし、後でチェックする。そんなお爺さんの私です。

そして、興味ある物に対しては、それを実際に見たり、聞いたり、買ったり、使ったり、試したりする事は日常茶飯事。興味ある事に時間を費やすのは誰でも苦にはならないと思うが、仕事(正業とサイドビジネス)、多くの地域活動等でただでさえ結構多忙な毎日の中で、益々日々忙しい。

良かった事、得した事、感動した事、感謝された事、反省する事を沢山経験でき、自分では、それ分充実した人生を楽しんでいると思い込んでいます。

しかしその反動か、自然の理か、当然の成り行きか、どうしても1つの事をずっとやり続けることが苦手と言うか、続けられないのが、大きな弱点です。(継続は力なりで言えば、力がついていない)

別の言い方をすると、誰人も同じ24時間の中で、どう時間を工面するかを考えると、結局、新しい事に時間を費やすと、それに掛かった時間の分だけ、今までの他の時間を減らさなくてはいけない。時にはそれが睡眠時間だったり、今まで続けていた事の時間だったりする。

おのずと興味が少なくなった優先順位の低いものは遠ざかり、いずれ其の時間が削られ無くなってしまう。

何回目かのダイエット、日常の仕事の仕方、整理整頓、時間管理、高度なコンピュータ技術等々、熱しやすく、冷めやすいところが多々ある。

そんな中、今回のチョイハナBlogの100日連続書き込みは、1つの挑戦でありました。苦しい時や、良い題材が見つからない時は、予定の日がすぎて貯まった分を一挙に書き込んだ日もありましたが、ともかく100日続けられた事は、マラソンランナーの有森裕子が、オリンピックで「連続メダルを取った時に「自分で自分を褒めてあげたい」と言った言葉を、私自身に送りたい気持ちでした。

以前もメールで親しい友人にメッセージを送ったことがありました。記録を見たら、連続100日は以前にもありました。(1999年7月29日)ほぼ毎日でしたが、この時は、ネタがあった時は1日に数通、無い時は1週間以上何も書きませんでした。生みの苦しみや、書かなければいけないという圧迫はありませんでした。前回は200日は続きませんでした。ネタ切れでした。

今回はともかく毎日に挑戦。6月3日にスタートして、9月10日に無事終了しました。そして、2ndの挑戦として、翌日の9月11日より再度100日連続書き込みに挑戦スタートしました。

但し2つの媒体に。1つは従来のBlogに、チョイハナを。もう1つは、メーリングリストで(但し内容は別のもの)数人の仲間のグループへチョイハナと違うメッセージをメールで。

この2つを交互に発信しています。今月、来月は奇数日がメーリングリスト 、偶数日がチョイハナblogになります。

「連続200日書き込み」を目指して、50歳後半の挑戦です。応援メッセージよろしくお願いします。
posted by Dr.Mura at 23:30| 東京 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | チョイハナ教訓集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月22日

森繁久弥さんの2つのチョッといい話

森繁久弥さんに関する2つのチョッといい話をお伝えします。

1つ目は盲学校での話。

森繁久弥さんが、ある目の不自由な子供達のいる施設を慰問しました。
おしゃべりのあと、「七つの子」を歌いました。
「カラスなぜ泣くの・・」2番の歌詞に移った「山の古巣へ行てみてごらん」ここで、歌をパタッと止めた。

周りはドキッとした。「歌詞をわすれたのでは・・・」
一呼吸おいて歌を続けた「丸るい顔したいい子だよ」もちろん正しくは「丸るい目をしたいい子だよ。」です。

目の不自由な子供の前で、誰が「まるい目」と歌えるか。
一瞬、相手を思いやった歌詞に変えたこのやさしさが森繁久弥さんの魅力の1つでしょう。

とっさの気転のすばらしさと、常に観客を意識した役者根性です。泣かせる話です。



2つ目は舞台での出来事です。

「屋根の上のバイオリン弾き」の舞台でのエピソードです。
森繁さんは、自分が一生懸命やっている演技の最中に、舞台の端に座っている女の人がずっと下を向いていました。森繁さんはてっきりその観客が居眠りしていると思ったというのです。本当にけしからんと。

そこでわざとその人の前に行って、声を張り上げたそうです。

舞台が終わり拍手に送られて森繁さんが舞台の前に出た時、初めてその女の人が顔を上げたそうです。目の不自由な人でした。そこで森繁さんは、自分が思い上がっていたことに気づく。

目の不自由な人が耳に集中して自分の演技を聞いてくれたのに、その観客を自分を見ていないと見下していた、もう本当に自分は思いやりがない、という大反省をしたそうです。
posted by Dr.Mura at 05:53| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | チョイハナ教訓集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月20日

エスカレータの危険

最近、エスカレータでちょっと怖い思いをしました。

先週の朝の通勤時、荻窪駅でエレベータに乗った時、何の前ぶれも無く、突然エスカレータが止まり、前のめり倒れそうになった。ゆっくり止まったのではないので、全員前のめりになる。

幸い登りエスカレータで、しかも乗ったばかりなので、慣性が余りついてなく、私は倒れるまでには至らなかったが、上の方の人は、一部前のめり倒れる人が多くいた。

過日TVで、韓国・ソウル市の地下鉄駅構内でのエスカレータ事故を報じていた。74歳の男性が、長いエスカレータを登っていて、最後上りきったところで、手に持っていた傘がエレベータに引っかかり、約40メートルある長いエレベータ(階段ではなく、歩く歩道状になっていた)を下まで回転しながら転げ落ちた。
男性は全身を強く打っており、病院に運ばれたが、意識不明の重体で、現在も集中治療室で手当てを受けているという。

日本でもエスカレータ事故は、大事故以外はニュースとして流されることは少ないので、あまり報道されないが、小さい事故は非常に多くあるそうです。

先週、新宿の地下鉄大江戸線に乗るために、エスカレータに乗ったが、ものすごく長い下りのエスカレータを見て、荻窪のような事故が、朝のラッシュ時に起こると大惨事になると思い怖くなりました。

(1)エスカレータに乗る時は、必ず手すりを持つ(特に長いくだり)
   ※東京は左側に、大阪は右側に寄る事
(2)エスカレータを走らない、歩かない
(3)エスカレータを逆送しない

小生、地元のイトーヨーカ堂で、下りエスカレータに乗った時に、友人とばったり会って、エスカレータを戻ろうとして、逆送した。荷物を持っていたことも有るが、足がもつれ、なかなか降りれず、転げそうになり、恥ずかしい思いをしたことがあります。(大笑い)

間違ってもこんなことをしないようにしましょう。


【追記】

セニョ-ルの奥様のQちゃん、そしてKomyさん、コメント書き込み有難うございました。
読者がいて、ファンがいて、励まされ、少しでも喜んでいただければ、書くことが楽しみになります。又続けていきますので、又コメントください。

以上
posted by Dr.Mura at 06:31| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 今日の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月18日

便利、役立ち、面白リンク集

私が見つけた「便利、役立ち、面白リンク集」です。順不同でお教えします。

EXCEL何でもサイト  http://ginyusijin.hmc6.net/index.html
超初心者のスタイルシート http://park16.wakwak.com/~html-css/css/index.html
何でも売れすぎランキング http://ranking.pepper.jp/index.html
インタラクティブページ作成 http://www.kent-web.com/
動画のHP作成     http://www.j-ns.com/netscape/
カメラのテクニック  http://arena.nikkeibp.co.jp/tec/camera/
Java Scriptサンプル集 http://www.sumnet.ne.jp/domp/jsbs/index.htm
実用 Java Script集   http://members.jcom.home.ne.jp/kiryo/zituyou.html
徒然なるままに    http://www.hpmix.com/home/tshige/index.htm
Windows初心者部屋  http://www.geocities.jp/kagemusyamk1/
ドラマロケ地案内    http://homepage1.nifty.com/BH/index.html
ロケ現場       http://loca.ash.jp/
便利コム          http://www.benri.com/
ビジネスガイド社長秘書 http://www.expert-net.com/air/hishof.html
MSのExcleのサイト http://office.microsoft.com/ja-jp/assistance/CH790018021041.aspx
MSのトレーニングサイト http://office.microsoft.com/ja-jp/default.aspx
ペットが旅する http://www.sasurai.com/
スパイウエア駆除ソフト http://enchanting.cside.com/security/spyware.html
いろいろ初心者のページ http://rose.zero.ad.jp/~zac06238/index.html
スキャンの便利帳      http://info.nikkeibp.co.jp/epson/contents/p21_200508-1p2mag.shtml
地図(グーグル)   http://maps.google.co.jp/
動画編集       http://omoide.plala.jp/faq/n0003.html
画像編集       http://smil1034.hp.infoseek.co.jp/corner.html
うざいHP      http://hp.xrea.jp/s/u/index.html
HTML小技集      http://hp.xrea.jp/index2.html
HTML TIPS      http://www.akikobrand.com/html/index.html
万歩計 http://www.vector.co.jp/soft/win95/home/se154792.html
リアルな部屋の紹介      http://www.centuryshizuoka.co.jp/

以上お試しあれ
posted by Dr.Mura at 00:29| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 絶対役立つリンク集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月16日

電話番号の登録

皆さん、年と共に人の名前がすぐに出なくなっていませんか?

私は現在50歳後半の年齢ですが、50歳以上になった頃から、脳の一部が壊れたのか、はたまた再生能力が不能になったのか、それとも老化の自然の理か、人の名前がスッと出てこなくなりました。学生時代は、100人の電話番号を記憶していた自慢がありましたが、今は全くダメです。

1番困るのは、相手が目の前にいて会話する時、又その人を呼びたいのに名前が出ない時、更に電話を掛ける時に名前が思い出せず、番号がわからない時等です。

今日は3番目の電話での私の実践している「生活の智慧」をお教えします。賛同された方は是非自分も実践してみて下さい。

例えば野口英雄さんという人の場合、通常は「ノグチヒデオ」で登録します。呼び出す時にナ行から、ニ、ヌ、ネ、ノと選択し、ノで検索し、野口英雄をゲットします。しかし野口が出てこないのです。

登録されている人の数が少ない時は良いのですが、私のように500人近くの登録がなされている時に、名前を思い出せないと、致命的です。

そこで、登録する時に、名前の前に、「地名」とか、「関係性」とか、「所属」等を入れて登録するのです。例えば、「銀座野口英雄」、「荻窪野口英雄」、場合によっては、英雄は入れないで、「銀座野口」、「荻窪野口」でも良いでしょう。

次の関係性ですが「親戚野口英雄」、「親戚日本太郎」と関係性を頭に入れて登録します。親戚の場合は同じ苗字が多くある可能性がありますので、「親戚有楽町野口」、「親戚荻窪野口」としてもいいかも知れません。

3つ目の所属は、「会社営業野口英雄」、「会社製造野口英雄」でも良いと思います。

私の経験では、名前は思い出せなくても「地名」とか「関係性」とか「所属」とかは、何故か
すぐに出て来ます。不思議ですが?そこで「か」を選択したら、会社の方が続いて表示されますので、そこを見て選べばいいのです。

この方式に登録しなおして、不便を感じたことは1回もありません。絶対にいい方法です。経験から自信をもってお勧めします。

なお、この方法は、私がある方の名前が何故か記憶できなくて、いつも困っていた時、偶然その方の住んでいる町の名前に苗字を続けて登録したら、それ以降1回も悩まなくなったので、これに気づき、それ以降は全てこの方法で登録しています。

お試しあれ。
posted by Dr.Mura at 00:41| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活の智慧(これ便利) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月14日

パケット代が10000円

携帯電話はもう10年以上使っている。上の娘が8年前にVodafone入社の為に、面接試験を受けた際、「父が貴社の電話を使っています」と言えとアドバイスした覚えがある。その意味は世間ではまだあまり使われていない「東京ディジタルフォン(当時)」(後にJ-Phone → 更にVodafoneと変遷)の客であると言う事は、プラスになるのではないかと考えたからである。

当時はまだ、あまり有名ではなかった。その後「藤原紀香」を採用して、メールに強いVodafoneが若い人に瞬く間に浸透して、Docomoを脅かす会社になった。もっとも最近は、完全にauに抜かれた感があるが・・・・。

幸いその面接でのコメントが聞いてか、Vodafoneにお世話になった。そんな関係から、この10年の間に何回か他社の電話機を契約して(ダブルで使用)みたが、電話番号を変える事が面倒で、今までずっとVodafoneと付き合っている。但し来年から番号ポータビリティー制度が来年度から始まると、ドコモやauに変えることも考えている。

実は、この6月頃より、携帯電話代が一挙に10000円程度高くなり、7,8月も同様な使用料が請求された。不思議に思って、問い合わせたところ、パケット代が、これだけあるという。

なぜそんな金額になるか調査した結果、6月頃より、このチョイハナのBlogを初めて、1日に1回ぐらいの割で、チョイハナをみる。その為にそれだけのパケット料になったことがわかった。すなわちチョイハナには画像が入っており、それを読み込むと、かなりのパケット量に成り、こんな金額になってしまったのです。皆さんも気をつけてください。

以前携帯電話は、ノートPCやディジタルカメラ以上に便利である。但し、パケット代が安くなればと、このBlog(8月7日記事書込み)で書いたが、当にその感がした。

最近はauが定額パケット代という制度も出来、又通常のサイトもPCと同様に見える携帯電話が出てくると、ますますこの定額制が必要になる。初期の家庭内インフラと同じ道順である。


【追伸】

先日の100日目の記事にコメントをいただきました「komy さん」、遅まきながら有難うございました。ちょっと早めの108話目です。今日はちょっとおもしろくなかったかな。
komy さんがどなたか検討がつきません。もし私が存じている方であれば、私の個人メールに直接メールいただくか、又はこのコメントに記事をいただくか、メールアドレスを教えてください。
posted by Dr.Mura at 23:54| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | PC関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月10日

ブログ連続書込み100日目達成!!

6月3日より開始し、今日で連続書込み100日目になりました。

話としては、見直したら一部ダブリがありましたので、107話になります。

最初のスタート時は、「ちょっと良い話」で過去貯めていた分も含めて、ここに全て書き込んで、1つのまとまった形にしようと思っていましたので、いくつになったらどうすると言うものではありませんでした。

最初は多くの手持ち分があり、難なく更新でき(日によっては2〜3話)ましたが、日が立つにつれてちょっと苦しくなったときもありましたが、1日1話を目標に、まずは100日続けようと途中から決意しました。

若さの秘訣は、『3つの「かく」に努める事』とある本で読んだことがあります。すなわち「恥をかく」、「汗をかく」、「文章をかく」の3つです。年齢と共にあえて(積極的に)この3つをしなくなるので、これに挑戦することが、若さを保つ1つの手法という事だと思います。

「恥をかく」、「汗をかく」は、その時一瞬の出来事で、いずれ消えて(思い出として心の中には記録されますが)しまいますが、「文章をかく」は後に形として残りますので、やりがいがあります。

この「チョイハナ」は、内容的には、今日の出来事ではないので、毎日何らかの内容をもったものを書くのに苦労したことも多々ありましたが、ともかく1つの区切りとして、100日書き終わったので、一安心です。

明日からは、話題をGetしたその都度のタイミングで、書き込んでいこうと思っています。2〜3日に1回か、週1回か、月に数回か、まだ解りませんが、目標としては、少なくとも週1回のペースで更新したいと考えています。

セニョールSさんをはじめとする、多くの読者の皆さん、100日間有難うございました。

明日からは違った形で、又情報発信していきたいと思います。乞うご期待。


<追伸>

昨日孫の写真にコメントいただいたQちゃん、コメント有難うございます。
Qちゃんといって思い出すのは、私の中で該当者は4名ぐらいです。Tさん、Kさん、Nさん、Sさんでしょうか。

誰か?私にヒント下さい。私の個人メールか、再度コメントに書いていただくと有り難いです。

以上
posted by Dr.Mura at 03:09| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 今日の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月09日

お馬さんに乗った

久しぶりに孫の写真。はじめてお馬さんに乗った。

uma2.jpg
posted by Dr.Mura at 00:27| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 孫と一緒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月08日

修正テープ

tape.jpg今日会社で、修正テープを使う必要があり、女性の秘書の方に借りて使おうとしたが、うまく使えない。聞けば簡単であったが、あきらめないで、機構をじっくり見て、粘着性のある面を観察して、やっと5分後に使えた。

新しい物を難なく使える事が若さの秘訣であり、バロメータである。そういう物にめっぽう強いのが、私と自負し、自慢している自分にとって、少しショック(大げさ)でした。

私の知っている修正テープは、昔からあった瓶タイプのものから、棒状(ペン型)になってきて、その後テープタイプへと進化した頃で、止まっている。

テープタイプは割高で、かつテープを剥がしたベースの紙(?)が煩わしいので、あまり進んで使おうという状況に無かった為である。

最も最近は会社でも自宅でも、ほとんどの書き物がパソコンのワープロで作成し印刷。失敗すると、PC上で修正して再度きれいに印刷するので、修正テープの必要性もあまり感じなかった。

たまたま今日は、フロアーで共有している会議室の予約の紙に、訂正記入をしたかったが、サインペンでは汚くなって、解りにくくなり、修正テープの必要が生じたわけです。

今回使った物は、巻き取りリールも一緒になっていて、剥がれた部分の紙をきちんと巻き取ってくれるように改造されていた。

最初のスタート時の修正テープの位置さえ、きちんとしていれば、全く問題なく簡単に使えて便利な文房具となっている。

ちょっと興味で、修正テープでインターネット検索すると、いろんな情報を得る事が出来た。

修正テープで修正した部分を元に戻す為の、「修正テープはがし」なるものが新らしく発売されていたり、オリジナルで好きなデザインのシールをどんどん作れるオリジナルタイプのものや、修正テープ遊びなるものまで紹介されていた。

「ビンゴゲーム」や「似たもの探し」などのゲームを自分で作れたり、ガラスや陶器などを傷つけずシールを貼って、名前を書いたりと用途は色々とありそうです。

皆さんも新しいツールをお試しください。


gamejpg.jpg
posted by Dr.Mura at 23:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活の智慧(これ便利) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月07日

ファイルの超技術

fail.jpg書籍名:ファイルの超技術
著者:刑部 恒男
出版社:すばる舎
価格 :1470円

ファイルに関する整理本はたくさん出ている。私も何冊か読んでいるが、この本はちょっと違う。新しいファイルの関する、新しい提案がされている。

ファイリングに関しては、有名なのは山根一眞氏の「袋ファイルシステム」、野口悠紀夫氏の「超整理術」が有名です。この他には、一般の図書館等で採用されている、「分野別整理法」がある。

山根式は、全ての情報、本、新聞等の情報を、1つの決まった大きさの角型2の紙袋に入れて整理し、50音別のインデックスをつけて、整理するものです。この方式は、ファイル化する時は、分野を考え無くて50音のインデックスをつけるのでファイル化が簡単で、必要な時も、簡単に50音別で探せるメリットは大きいが、同じ分野の資料を見たい時に、別々のところから持ってこなければならないという不便さがある。

野口氏の「超整理学」は、時間というキーで全てファイルし、必要なファイルは机の上で、ブックエンドで縦に置く。必要になったファイルは取り出して、仕舞う時は、今置いてあった場所でなく、ブックエンドの左側にしまう。不必要なファイルは、どんどん右側に移動。

この「超整理学」は画期的提案で、私も本を読んだ時に感動した。自分の書類整理に今でも採用している。

著者の刑部氏は、現役の医者で多くの資料を抱え、自分にあった、もっと利用価値が高くて、ファイル化が簡単で、探すのが楽な方法は無いものかと、種々工夫していた。

今回の本での提案は、「Wインデックス方式」という方法で、身近な書類や、現在仕事で使っているものは、「野口式」、ある程度時間が経過した書類は「山根式」を採用するが、indexを2種設定し、「山根式」の不具合をカバーする方式です。

なかなか興味ある新しい整理学なので、私も是非採用してみようと思いました。9月の連休に、過去の資料を整理してみたいと思います。



posted by Dr.Mura at 00:19| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 本と添い寝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月06日

世界一受けたい授業

日本TVの土曜日夜7:57〜8:54まで放映している「世界一受けたい授業」も、なかなか興味ある番組で、たまに見ます。曜日も時間もGoldenなので、月1回程度しか見れませんが、先日久しぶりに見たら、結構面白い内容でした。

昼間北区まで用事があって友人のところへ行き、疲れ切っていましたが、夕飯を食べながら、楽しくみました。

当日の授業は3単位。

最初は「時間の感覚」 山口大学工学部感性デザイン工学科博士・時間学研究所研究員。一川誠先生
 
どんな動物も、およそ15億回心臓が鼓動すると寿命を迎える。そして動物によって寿命が違うのは、心臓の鼓動のスピードが違うからだといいます。ネズミは、約0.1秒に1回心臓が鼓動し、象は2秒に1回鼓動します。
   
大人になるとなぜ1日が短いのか?子供の頃は1日がとても長く感じられました。充実していたり、多くの思い出や変化があると、時間は長く感じ、何も変化が無ければ、短いという。貴方は、長いですか、短いですか?

目をつぶって、自分の心の中で15秒間隔で経過したら、目をあける。(数えてはいけません、あくまでも感覚で)充実した人は15秒より早く目を開け、年寄り程15秒を過ぎて目をあけるとの事ですが、皆さんもTryしてみてください。

他は「教科書にのせたい新歴史」、「遺伝子型ダイエット」も興味ある内容でした。
posted by Dr.Mura at 00:20| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | チョイハナ教訓集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月05日

夫婦の会話3態

婚礼が終わって半年、亭主が語り、女房が聞く。
婚礼が終わって3年、女房が語り、亭主が聞く。
婚礼が終わって10年、亭主が怒鳴り、女房がわめく、それを隣人が聞く。

言いえて妙
posted by Dr.Mura at 23:59| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | チョイハナ教訓集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月04日

バーチャル本箱

1ヶ月前にPC関連のWebで知った「バーチャル本箱」に本を登録&整理しましたので、紹介します。

元々持っている本は、多くありますが、とりあえず、今回のBlogで紹介した6月以降に読んだ本を登録しました。1冊1冊のコメントはまだ登録していませんが、これから少しづつ登録します。

今後は技術書や過去の本も登録していきたいと思います。

私の本箱はここをクリックしてください。


booklog.jpg

posted by Dr.Mura at 22:09| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 本と添い寝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月03日

万歩計を楽しく

ダイエットの一環として、毎日万歩計をつけて、毎日チェックしている。

歩く事は、健康のバロメータだから、1日1万歩が最終的な目標であるが、なかなか忙しい毎日の中では1日で1万歩を歩くのは、ほとんど難しい。

私の仕事は、コンピュータ関連の机上仕事なので、ほとんど歩くことが無い。会社においては広いフロア-をトイレに行くのと、昼間食事で外に行くぐらいしか歩けない。家も会社も駅から数分なので、歩く距離は知れている。時間が有る時は、出来るだけ歩くようにしているが、なかなか思うように歩数が伸びないのが現状です。

毎日歩数を見て、「昨日はすくなかったなあ」とか「ちょっとあるいたなあ」と思うだけで、あまり面白くないので、計ってはいるが、最近少しマンネリ化している。

1万歩という理想の歩数は有っても、現実的な明確な目標も無いのもいけないかも知れない。又喜びや楽しさが無いのが1番いけない。何事も興味を持って事に処しないとつまらない。

何とか楽しく歩けて、記録して、目標を持たなければと思って、アイデアはないかと考えていたところ、たまたま、昨夜フリーソフトを見つけたので、紹介します。

そのソフトは、「歩いた歩数を入れると、距離に換算して、それを東海道53次に見たてて、江戸から京都(又は京都から江戸)まで歩くもので、今日1日でどこまで行ったかがわかり、かつ歩いた時間からカロリーを計算してくれる、優れもののフリーソフトです。」

早速自宅のPCにインストールしたので、明日から楽しみを持ちながら歩きたい。明日は日曜日なので、理想に近づけるかもしれない。


興味ある方はここをクリック。


manpo.jpg
posted by Dr.Mura at 23:42| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月02日

文字の表示サイズの簡単変更

ワープロ入力中に複雑な漢字を拡大して見たいとか、ブラウザーで小さな文字の英文を大きくして読みたいとか思うことがよくある。そんなとき、「表示」メニューで「拡大」を選ぶよりは「Ctrl」キーを押しながらマウスのホイールを回す方がはやい。

Windowsアプリケーションの多くが、この操作で表示サイズを変えられる。「IEのショートカットキーを活用する」ではInternet Explorer(IE)での利用を紹介したが、WordやExcelなど、意外に多くのアプリケーションでこの技が使えるので試してみていただきたい。

表示 → 文字のサイズの指定では、25%の幅で変化するが、上記の方法でホイールを動作させると、15%の幅でコントロールできるので、ちょうどみたいサイズを容易に変更できて便利である。

なお、IEでこの技が使えない場合は、ページの中で(HTMLファイルの内部で)文字サイズを固定しているか、見た目は文字だが実は画像であるといったことが考えられる。また、IEでPDFファイルを表示している場合もこの技は使えない。

これは絶対に便利です。お試しあれ。
posted by Dr.Mura at 00:16| 東京 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | 知って便利なPC操作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月01日

強く願うことの大切さ

1953年、アメリカ東部の名門、エール大学の卒業生に3つの質問をした。

(1) あなたは目標を設定していますか?
(2) あなたの目標を書き留めていますか?
(3) あなたはその目標達成の為の計画はあります?

と質問したところ、すべての質問にYESと答えた卒業生は、わずか3%だった。
ところが、それから20年後、卒業生を追跡調査したところ、驚くべきことがわかった。この年に卒業した学生の20年後の総資産の内、なんと97%は、このYESの3%の卒業者達がにぎっていた。

「願望は、強く願わないことには、実現する可能性は低い」
posted by Dr.Mura at 00:35| 東京 🌁| Comment(5) | TrackBack(0) | チョイハナ教訓集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。