ABCDEF

2005年08月31日

思いを伝える一言

最近の身近の一言で気になった事。

先日、会社の2人の女性と、仲間4人で最近出来た和食のお店で、お昼した。   

なかなか美味しい店であったが、その店の先にいつも私が行く「美味しいスパゲッティー」屋さんがある事を話すと、「今度行くときは、是非誘って下さい」ということになった。

そのスパゲッティー屋さんが、「夏休み前セール」ということで、「50円券が2枚」もらえるということを聞いたので、早速行くことになり、若い男性2人と彼女を誘った。

その際の彼女の返信メールには

「行きます!行きます!10分前に出ます。よろしくお願いします。」とメールが来た。「行きます!行きます!」のところが、誘った方としては、義理や無理やり一緒にお昼するのでは無いと思わせる気持ちが込められていて、少なくとも、誘って迷惑ではなかったと思った。

もしこれが、「行きます!10分前に出ます。よろしくお願いします。」と返信があった場合は、特別何も感じなかったと思う。

今回の彼女の一言は、「彼女自身が、軽い気持ちで書いたと思うので、これと直接関係ない」が、とかく一言は、色んな思いが表現される。

私達も普段の一言が、相手を大きく感動させたり、悲しませたり、うれしがらせたりと色々な影響があることを知らなければいけない。相手の事を常に思っての一言でありたい。一言の大事さを改めて感じ入った。
posted by Dr.Mura at 23:59| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | チョイハナ教訓集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月30日

価値ある贈り物

人にプレゼントを贈る事は良くあります。その時のノウハウです。

・もし、今予算が2000円だったら、あなたは何を選びますか。
・2,000円で買える最高のものを贈りなさい。
・2,000円で買えるワイシャツなんて、たいした物ではない。
・しかし、2,000円の靴下なら、最高の物が買える。
 それなら、どんな偉い人でもはいてもらえる。

価値ある贈り物とは、そういうものです。

    (住友銀行の元社長 山本為三郎さんの話)


posted by Dr.Mura at 22:59| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | チョイハナ教訓集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月29日

1週間はこう使え!

1week.jpg書籍名:1週間はこう使え!
著者:中島 孝志
出版社:主婦と生活社
価格 :1200円

先日の出張先で購入した本。

月曜日から日曜日までの有意義な使い方を書き下ろしたもの。

サラリーマンをしながら、講演、執筆等の2足のワラジをはいて頑張っていた著書の体験から、1日1日を大切にするノウハウを曜日という切り口で、展開。

1日1日は同じようで実は全部違う。特に曜日という特質は、サラリーマンが仕事をするにあたって、非常に大事な要素であると主張。曜日曜日に合った仕事の仕方や進め方がある。この特質をうまく利用しないと、効率的な仕事が出来ない。出来るサラリーマンは曜日の使い方を熟知せよと警告。

ちなみに今日の月曜には、

・月曜日は出来るだけ早く出社しろ。
・1週間のスタートなので、出来るだけ早く仕事モードへ。
・最初にメールを全てチェック。大事なものを確認。
・午前中が勝負、スケジュールは2週間単位で計画。
・上司や客先は午前中は必ずいる。承認やアポはここで。
・月曜日は社内で、先週の清算や報告はすべて終える。

さあ、今日から月曜日。1週間の始まりです。いつもより早く出社しよう。

posted by Dr.Mura at 06:38| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 本と添い寝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月28日

親子の逆転

藤本義一の書 「人間ほど面白い動物はない。」より抜粋


一般的に母親は、親の論理、大人の論理で、自分の子供をしかります。

・ 「いま、学校から帰ったんでしょ。返事は?。そこにいるのはわかっているのよ。返事はどうしたのよ。学校から帰ったら、2時間ほど真剣に勉強しなさいって言っているでしょうに。よその子はそれで又、塾に行っているのよ。わかっているあなた。聞いているんでしょ。返事は?」どこにでもあるお母さんの言葉です。こうなると子供はだまりこくってしまいます。

・ 「お母さん、毎日こんな事いいたくないのよ。どうしてかというとね、あなたの将来をおもっているからよ。おかあさんの愛情がわからないの。返事をしないなら、もういいわ。好きなようにしなさい。後はどうなってもお母さん知らない。お父さんが帰ったら、厳しくしかってもらうからね。覚悟を決めて待っていなさいい。」

・ 今の言葉を子供がそっくり真似たらどうなるでしょう。

・「お母さん今帰ったのかい。返事は?。帰ってきたら2時間ほど真剣に料理をつくれって言っているだろう。よそのお母さんはその上、料理学校までいっているんだ。お母さん聞いてんの。返事は?。昨日のハンバーグは何だよあれは。形も味もひどいもんじゃないか。恥ずかしくないのかよ。俺が恥ずかしいよ。毎日毎日こんな事言いたくないんだよ。お母さん、あなたと将来の為に言っているのだよ。聞いてんかよ。おれの愛情がわからないの。よし、わかった。お父さんが帰ってきたらしっかり、しかってもらうからな。覚悟決め手まってろよ。」
posted by Dr.Mura at 01:08| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育・子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月27日

時間戦略

二見道夫の書「人生に手後れはない」より

・週末に「来週する重要なテーマ」の計画を立てているか。
・帰宅する前に、明日の仕事の計画を立てているか。
・出勤前に仕事の予定を確認し、出社早々手をつけているか。
・日々「軽、重、緩、急」の着眼で優先順位をつけ仕事しているか。
・別の種類の仕事を同時並行処理する工夫をしているか。
・少しの待ち時間も逃さず、有効に生かしているか。
・知識向上の為「読む、観察する、耳を傾ける」に努めているか。
・専門外の事も、無関心をよそおず、積極的に関心をよせているか。
・公私を問わず、計画を立てて行動するようにしているか。
・「過ぎた時間は戻らない」と自覚しているか。


posted by Dr.Mura at 22:43| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | チョイハナ教訓集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月26日

本当のファインプレー

昨夜の深夜、ナンチャンのスポーツ番組を見ました。
これはスポーツ番組といっても、内容は通常のスポーツ物と違い、スポーツを内面から捕らえたり、全く別時点で捕らえたりして、時にはそれが人生訓であったり、生き様だったりして、なかなか面白いというより、為になる番組です。毎回とは行きませんが、たまに見る好きな番組の1つです。

昨夜はプロ野球の小宮山投手と今中投手を迎えてのスローボールについてのトークでした。
久しぶりにこの番組を見た時、6年前に見た「本当のファインプレー」という話を思い出しましたので、紹介します。

私の記録では、6年前の1999年9月末に放送されたものだったと思います。

今でも現役で、昨年のオリンピックでは野球の日本代表でキャップテンをした、ヤクルトスワローズの宮本慎也選手の話です。宮本選手は毎年ゴールデングローブ賞に輝く名遊撃手です。宮本選手が守備におけるファインプレーについて次のように語っていたと記憶しています。

一般にファインプレーと呼ばれる守備は、普通では捕れないような打球をジャンプしたり、横っ飛びで飛びついたり、回転レシーブ並みに転がって捕ったりして、アウトにした場合を言います。しかし、これら一見派手に見える動作は、私はファインプレーとは思わない。

何故なら、そのプレイは、打者がボールを打った後で(瞬間ではあるが)その打たれた方向を見極め、その方向へ移動してギリギリに捕る。あくまでも、最初の一歩は、打者がボールを打ってからの動作開始である。

それに対して、「本当のファインプレイ」とは、現在の投手のコンディション、心理、得意球、ボールカウント、アウトカウント、更に打者のくせ、技量、調子、走者の状況、試合の状況等をすべて把握して、一瞬のうちに判断し、投手が球を投げる前、もしくは投げると同時に、打者の打つ方向を予測して第1歩を踏み出し球を捕ってアウトにすることをいう。すなわち打者が打つ前に既に行動を開始しているのである。

こうすることにより、本来難しい打球も、派手な動作なくアウトにすることが出来る。これの方が、自然な捕り方なので、そこから投げる球は暴投になる可能性はない。何の派手さもないが、実はこれが本当のファインプレーである。

難しいことも、難なくやるには、その事前の作業が大事。難しいことを簡単にやるのが本当のプロ。難しい事も、そのうち簡単に出来るようになるのがプロ。そのうちそれが、その人の実力となる。短期決戦も今までの経験を十分生かせれば、「おちゃのこさいさい」となる。

先ず事を成すには、その前の準備が80%以上必要といわれる。難しいと思えるような作業も、大きな目的意識と、その事前の準備がきちんとしておけば、結果はおのずと見える。我々は仕事のプロ、人生のプロとして、全てに挑戦の日々でありたい。
posted by Dr.Mura at 12:39| 東京 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | チョイハナ教訓集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月25日

岩崎恭子のその後

中学生でオリンピック金メダル。「今まで生きてた中で1番幸せです。」の名言を残した岩崎恭子さんも、今は27才。その岩崎さんの金メダル以降の話。

14才中学生の時(1992)にバルセロナオリンピックで水泳200m平泳ぎで、トップスイマーのアニタロールを最後の10mで抜き、見事金メダル。
金メダルもさることながら、その時の感動を表現した「いままで生きてた中で・・・・幸せです」の言葉が、日本中を感動の渦に。

その後、彼女を取り巻く環境は大きく一変する。どこにでもいる中学生から、日本一有名な中学生になり、物静かな女の子から騒がれ、何かにつけて注目され、毎回当然のように日本記録を期待される。

だんだんおっくうになる。どこかで誰かが注目している。その連続で、「金メダルなんてもういらない」と思うほどになってしまう。

「金メダルをとって好い気になるな」との脅迫手紙や、電話がかかってくる。家の電話は何度も変えた。その後記録も振るわ無くなる。

1993年4月の日本室内選手権では第6位になる。記録が出ない、姉はオリンピック選考大会で次点の力を持っていながら、姉のくせに遅いと言われ、水泳をやめた。

1994年6月日本代表メンバーから外される。初めての挫折。「岩崎恭子は終わった」との地元の声を聞き、妹が悔し涙。妹も水泳を捨てた。

恭子も何度か水泳を止めようと思ったが、捨てられなかった。日本代表の他の選手が、「日本代表 → オリンピック出場 → 入賞」のコースを夢にして一生懸命練習してる姿を目の当りにして、その情熱と苦しみを知る。 自分も励まされる。

そして金メダルの重さをしる。このオリンピックへの過程の重要性を知らなければ、このまま一生金メダルを後悔する。突発的、奇跡的にとった金メダルの意味と重要性、貴重さを知った。

自分も仲間と一緒にアトランタを目指そうと猛練習を開始した。オリンピック代表選考会では見事2位になり、再びオリンピック出場の権利を得る。

1996年アトランダでは、結果は10位であったが、「やり遂げたという充実感でいっぱいであった。」金メダルをとったよりも、4年間苦労した事の方が、充実した幸せであった。

復活の時の第1条件は「自分のスタイルをくずさない、忘れてはいけない」でやり抜く事。玉際、土俵際という際での強さが大事。

苦しい時こそ、大事なものが潜んでいる
苦しい時こそ、大事なものをみさせてくれる
苦しい時こそ、大事なものを確認させてくれる
そして苦しい時こそ、やるべき事を一生懸命やる事である

と明るく幸せそうに語る岩崎さんが光っていた。
posted by Dr.Mura at 06:30| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | チョイハナ教訓集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月24日

過去の受賞作品(優秀賞、入選編)

サラリーマン川柳の過去の私の優秀賞、入選の作品です。

第一生命浜松支社 優秀賞
● - 妻会話 デッドボールか 敬遠か (会話はキャッチボール)
● - 吸いながら 『スイマセン』では 済みません (禁煙家)
● - 暗い世に 大活躍の コウノトリ (待ち焦がれた愛鳥家)
● - 天職と 信じて転職 もうできぬ (不況下の風来坊)
● - 賞与の字 少与とあらため そっとだす (あればよし)
● - カーナビが 欲しい私の 出世道 (迷ドライバー)
● - 横の肉 ブラの中では 胸になる (ボーダーレス)
● - チュ-してと 言われて宇チュウで チュ-返り (モウリさん)
● - 起きぬ妻 自分勝手に 低血圧 (妻は医者?)
        
第一生命浜松支社 入選賞
● - 写メールで 赤提灯が バレバレよ (飲んべい父チャン)
● - 教育費 我が子の次は 自分用 (リストラの父)
● - 家伝言 会社メールで 対話なし (一般的サラリーマン)
● - 食べ放題 1家団欒 フルコース (贅沢な家族)
● - 有料で 出すに出せない 粗大ゴミ (悩む主婦達)
● - たたかうな ガンと女房と 会社には (賢い選択)
● - 花粉症 鼻が詰って はい起床 (早起きの女)
● - WINDOWS 早速買った 窓際族 (パソコン中年)
● - 部長にも 飼わせてやりたい 反省猿 (愛猿家)
● - 空振りを ごまかす一声 さあ打つよ (ゴルフ好き)
● - 課長でも 家長でもない お父さん (夫権復活)

(つづく)         
posted by Dr.Mura at 07:38| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | サラ川名人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月23日

日記の魔力

nikki.jpg書籍名:日記の魔力
著者:表 三郎
出版社:サンマーク出版
購入先:新宿青山ブックセンター
価格 :1365円

「日記の魔力」という本を購入し読んだ。日記を30年書き続けている作者は、塾の有名講師。

日記の書き方から、日記の効用、日記による人生に羅針盤感を強調している。日記を長く書くには、毎日の感想を書くな!出来事、行動を書け。自分なりに日記の効用を多岐に渡って述べている。

その日記をPCで入力することにより、その書き込まれた内容から、個々に抜粋して、「○○○史」を作る。有る人は「健康史」だったり、「ダイエット史」だったり、「出世史」だったりする。

ともかく、日誌を書いて人生を有意義にと、教示。

私も今Blogを毎日書いている。しんどいし、忙しいのでペースを少し落とそうと思うが、まずは100日は連続して書こうと決意したので、それまで頑張る。


posted by Dr.Mura at 00:00| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 本と添い寝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月22日

旭山動物園園長が語る命のメッセージ

81242291.jpg出版社:竹書房
著者:小菅正夫
購入先:新宿青山ブックセンター
価格 :1365円

ここ数年の動物園・水族館ブームのさきがけとなった、北海道の旭山動物園の園長である、小菅さんの「命のメッセージ」を伝えた本です。

旭山動物園に関しては、多くの本や、写真集が出版されていますが、この園長の「命のメッセージ」が一番感動物でした。(本屋で、何冊か立ち読みした結果です)。園長の伝える「命のメッセ-ジ」を購入して、昨日の往復の新幹線の中で、読み終えました。

「命」について考えることは良くありますが、この本は、「動物の命」から見た「人間の命」の大切さを考えさせてくれた良書です。

動物園の動物の場合、ほとんどの動物園は、命が途絶える時は、いつのまにかいなくなってその動物の死を知るのですが、旭山動物園は、死にそうになっても、その動物を動物園側で、あえて隠したりせず、弱っている(死を迎えて苦しんでいる)動物をそのままにしておきます。その後その動物が亡くなった時は、その死亡報告を堂々とするのです。そのことによって、死という悲しい現実を知って、初めて生きている命の大事さがわかるのですと。

よく「動物を飼うのは死んだ時にかわいそうだから飼わない」という親がいますが、動物は人間より寿命が短いので、必ず死にめぐり合えます。病気になって苦しむ様、そして2度と目を覚まさない死を迎え、その悲しさを身近に経験することにより、死という大きな出来事、そして生きていることの大切さがわかると主張されています。」

最近は動物だけでなく「核家族」で、おじいちゃんやおばあちゃんも、いつのまにか病院でなくなり、家で臨終を迎えることが、無くなったという。

子供に読んであげる本としても、なかなかの良書でした。

posted by Dr.Mura at 00:01| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 本と添い寝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月21日

新幹線のグリーン車

image006.jpg今日は出張で静岡に来ています。
仕事で出張する時、私は必ず新幹線ではグリーン車にのります。普通では社長さんやお金持ちや、有名人が乗るもので、贅沢の極みであるが、私の場合、次の理由で毎回グリーン車に乗ります。


● 副業の仕事で出張が多いので、ゆったりと行きたい。
● 殆ど2シート使えて、リラックスでき、車中で体が休まる。
● 回数券で購入で、指定席より500円高いだけで購入できる。

 家族で帰省する時などは、この4枚シートを購入すると、何と通常の4人分の指定席と殆ど金額が同じ。(但しこだまに限る)往復購入したいが、回数券の決まりでお盆時期は利用できないのが、残念。

予約は3人分であっても、100%4人がけで使えて、かつ広々、ゆったりで、極楽!!極楽!!。

鉄道の料金は、よく調べるといろんな種類があり、より安く、より快適に利用できると、長い旅も楽しいものである。せっかくいい温泉に入ってリラックス出来ても、往復の列車の中が窮屈では、本当の旅行とは言えない。
posted by Dr.Mura at 00:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 生活の智慧(これ便利) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月20日

システムと運用2

又デザインを変えてみました。昨日のは、ちょっと地味でしたから。夏らしくスイカの模様にしました。

さて、今日のチョイハナは、昨日の「システムと運用」の続編です。

「飲食店・運用(運営)に関する」つながりでの話です。

紹介するお店は、幡ヶ谷駅構内のビルにあります。元々このオーナーシェフを、友人が昔から知っていると言うことで、仕事の打ち上げで行ったのは、2年前の6月でした。

お店の名前は、「チャイナハウス龍口酒家」と言い、オーナーシェフの石橋さんは、いつでも5000種類ぐらいの中華料理は作れると豪語する達人で、東京でも有名店の1つです。

このお店の凄いのは、究極のお店運用(運営)です。
(もちろんオーナーシェフの気さくな人柄や、どれ1つをとっても実に美味しい本格的な中華も凄いのですが、私が一番感心したのは運営です。)

その仕組みを紹介します。

●中華料理屋ですが、普通のお店と違います。
●お店にメニューはなく、すべてシェフのお任せのコースです。
●ほぼ全員が予約のお客で、お店は20名ぐらい収容可能です。
●いつ行っても、まず最初に前菜が出ます。
●料理は、何が出てくるかわかりません。すべてシェフ任せです。
●シェフが「エビチリ」を作ろうと思ったら、まず客数を数えます。
●その人数分だけ「エビチリ」を作り、お客様全員に配ります。
●お店にいるお客は、一斉に同じ「エビチリ」を食べはじめます。
●途中から加わったお客は、次の料理から、参加になります。
●全員が食べてる間、シェフは飲物を運んだり、片づけをします。
●料理がなくなってくる頃合を見て、又人数を数えます。
●その人数分だけ、次の料理(例「チャーハン」)を作ります。
●それを又配ります。この繰り返しで、新しい料理が出てきます。
●お腹一杯になってきたら、宣言しおしまいです。

実に考えられたシステムと思いました。

●いちいちお客の注文をとらないので、定員が要らない。
●同じ料理を一斉に作るので、効率が良い。
●シェフが皿洗いや片づけをするので、洗い場の人が要らない。
●会計は飲み物と、「ある料理〜ある料理」の人数分、計算簡単。
●一斉に食べても、一斉に帰らないから、会計係りはシェフ。
●シェフが、料理、ウエイター、洗い場、会計の全て1人で出来る。

なんと効率的な飲食店経営でしょうか。!!

もちろん一見の客よりも、なじみの客が大半を占め、システムを理解しているお客でなければ成り立ちませんが、たいしたものです。
posted by Dr.Mura at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月19日

システムと運用

会社の近くに、新しく居酒屋のお店が出来たので、お昼を食べに行った。

場所は、いつも行く、スパゲッティー屋さんの手前で、お店の名前は「あ麺んぼ」。麺に特にこだわっているとは思えないので、今度名前の由来はきいておこう。

ここのお店の売りは、「お客の望む事を、総て取り入れた、ユーザー中心のシステムのお店」という。

しかしながら、そのシステムのせいで、お客が多く来た時の、対応が熟練していない為、お昼時に20分程度待たされたと言う。システムは良いが、その運用に問題ありか?

話はそれるが、私は、現在、大量のサーバーの運用設計をしている。いくらハードやソフトが優れていても、その運用がきちんとされていないと、宝の持ち腐れとなり、機能発揮しない。

さて、そんな話を事前に聞いていたので、いつもより早弁をして、12時にその店についた。

そのいくつかを上げると

(1)自分の食べたいお惣菜を、9品ある中から、3品選んで、850円。
(2)ご飯、味噌汁、サラダは全員についてくる。
(3)3品は多いという人には、2品で700円というコースもある。
(4)ごはんはお変わり自由
(5)コーヒーが100円で飲み放題。
(6)イス席、又は掘りごたつ式で、リラックスして、食事が出来る。
(7)9品には、デザートも1品ある。3品の中に、それを選択しても良い。
(8)開店したばかりなので、あまり混んでいない。

そんな良いお客の満足度を満たす店である為、混んでいるとの友人の話を聞き、12時ジャストぐらいに着いたら、先客が2組あったが、難なく座れた。

既に行ったことのある、友人は、システムもよし、料理も1つ1つ美味しいしかしながら、料理を作る料理人が、1つ1つの客が色々注文するのとある程度時間がすぎると、作り置きが無いらしく、その場で1つ1つ作るので時間がかかる。(注文してから20分程度かかった)


〒167−0032 東京都杉並区天沼3-29-14 03-3391-9966
posted by Dr.Mura at 00:10| 東京 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | グルメ紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月18日

Blogのデザイン変更

Blogのデザインを変えてみました。

あらかじめ用意されている中から、シルバータイプを選んで、変えてみました。

Blogのすごいところは、簡単な操作で、デザインが変更できることです。
通常のホームページで、このようにデザイン、レイアウトを変更する場合は、簡単ではありません。

CSSを変更すれば、簡単に変わります。前のデザインのほうが派手で、いい感じですが、少しこのままにしておきます。
posted by Dr.Mura at 00:30| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(1) | ブログ作成あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月17日

備えあれば憂いなし

昨日、宮城沖を震源地とする大きな地震がありました。12階のビルは、ゆっくり長時間(数分)揺れていました。あんな経験は生まれて初めてでした。先月の23日にも千葉県北西部を震源とする地震が発生し、ここ1ヶ月で東京では震度4以上を2回も経験しました。関東大地震、東海大地震の言葉が、現実の話になった感がして、怖い。

「地震・雷・火事・親父」といった怖い順序で、トップというのは、よくわかる。「親父」の順位はぐっと下がっても、地震はダントツで怖い。前回の千葉県の地震で、多くの人が防災グッズを買いに行ったり、又家の点検をしたりしたという。


地震を含め、災害全般に関する、最近の情報を4つお知らせします。

■ 前回の地震の後に、タイミングよく、「昭文社」から「震災時帰宅支援マップ 首都圏版」の本の売り出しの発表がありました。
  「昼間」に発生したら、東京難民が390万人生まれると言うことで、会社等から注文が殺到し、「昭文社」の株も上昇したそうです。売出しを当初の予定より、3日間早めた程の反響があったそうです。私がよく行く本屋では、今週ベストテン第2位でした。

  昨日の日経新聞には、本でなくPCでの情報提供をする別会社のサイトもスタートしました。


■ 地震、電車事故、気象、事件等のトラブルが発生すると、すぐにその情報を携帯へメールとして送ってくれるサービスがあります。(月200円)
  営業等で外回りしている人には便利かも知れません。契約しなくても、この会社のPCのホームページサイトを見れれば、リアルタイムの情報は、無料で見れますので、参考にして下さい。帰宅時の電車事故等は便利ですよ。
  ただ、昨日地震の時に、早速PC版をみたが、やはり地震が起きると、多くの人がいっせいに利用するので、すぐにアクセス出来ずに、少しいらいらした。

  (参考) http://www.myrescue.net/


■ 災害発生時は、家族の安否を確認しあうことが大事になってきますが、電話はなかなか通じなくなります。
  NTTは、「iモード災害用伝言板サービス」で、安否の情報を書き込める無料サイトを立ち上げているので、ご利用ください。
  家族同士は、直接メールしても良いかも知れませんが、遠い親戚等は、これを使えると便利です。


■ 災害等で、長時間拘束される状況を考えると、小さくても鞄の中にペットボトルの水(お茶)、ちり紙2パック、小さいタオル、携帯の充電用電池ぐらいは常備しておきたい防災グッズで、私は鞄の中に、いつも全部入っています。だから鞄は重い。
posted by Dr.Mura at 06:40| 東京 🌁| Comment(1) | TrackBack(2) | チョイハナ教訓集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月16日

忘れない3つの英単語

英語の単語で、印象的な単語が3つあります。

●1つは postpone です。これは私が大学の時に、ある早稲田大の先輩が、受験生に聞いていました。「延期する」って英語で何て言うか? 一般的に有名なのは、「put off」。
「put off」とは、大体答える。これに答えられないのは問題外。次にすかさず先輩は、「熟語でなく、1つの単語では何というか?」、その受験生は「postpone」と即答。

是を馬鹿の1つ覚えのように、受験生に聞いてみると、今まで即応えた受験生は、早稲田、東大、慶応と一流校に受かっていましたが、答えられなかった受験生は、ちょっと厳しかった。

受験生を見るといつも馬鹿の1つ覚えで「延期」を聞いてしまう為にこの単語は忘れない。


●2つ目も大学生の時であるが、バイトでホテルのボーイをしていたことがある。夜中に外人からコールがあった。夜はおじさんばかりで対応できないと、学生の私が対応することになった。部屋行くと、老夫婦が丈の短い浴衣を着て、流暢な英語でまくし立てる。100%何言っているかわからない。何回か聞くと、何か無いと訴えている。更に聞くと、ピローといっていることに気がつく。ピローが枕であることが、相手のジェスチャーと私のかすかな記憶で思いだした。よくみると奥さんのベッドには枕がなかった。それ以来、あの老夫婦の pillowの言葉が、頭に残って、この単語は忘れられない。


●3つめは、sunny‐side up です。目玉焼きの種類です。仕事で初めて海外に行って、ホテルに泊り、朝食のバイキングの席で、コックさんが、目玉焼きの焼き方を聞いてきた。
日本では、目玉焼きに関する単語は1つしかないが、アメリカは少なくとも4つある。

 (1)sunny‐side up(その時は単にアップと言っていた)片面の目玉焼き
 (2)scrambled eggs バターと卵を良くかき混ぜたかき卵
 (3)turn over egg 両面焼きで白身は固まり、黄身の中心はやわらかい
 (4)paste egg 目玉焼きに水を加えて軽く蒸した卵


3つの単語は、学校での勉強や、受験勉強で辞書片手に覚えたものではないが、明確に忘れない単語である。経験に裏打ちされた単語(学問)は、身につくとはよく言ったものである。人は若いうちに多くの経験をし、あらゆるものを自分の財産にして欲しい。

先日の本の伊藤忠の丹羽元社長は、新人は4年の若い社員全員、海外へ出したという。若い人は、何でも経験して欲しい。



posted by Dr.Mura at 00:08| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活の智慧(これ便利) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月15日

子育ては子離れ

先日あるTVで歌手のアグネスチャンさんが、うまい表現で子育てを語っていました。すなわち、「子育ては子離れ」と。

最初はお母さんのお腹の中にいて、何処にいても、何をしてても、46時中いつもお母さんと一緒。トイレにいくにも、寝てても起きてても、意識しなくても、気をつかわなくても、いつも一緒。

それが10ヶ月を過ぎると、自分の身から離れて外へ。いつも一緒というが、意識しないと一緒にいれない。トイレに行く時は、離れてしまう。 

その内、こちらの意識、要求と異なった行動をする。(はいはい、よちよち)

生後1年を過ぎると、勝手に子供は歩き、移動するようになる。こちらが意識してついていかないと離れていく。子供から付いてくることはない。といっても子供と母親の距離は、家の中の数メートル〜数十メートル。

3年たつと、保育園に行って、子供との差は一挙に遠くなる。そしてよくTVで「初めてのお使い」という子供を1人で買い物に行かす番組があるが、3〜5歳になると、親の意識できる範囲の外に行く。

その内、小学生入学で、遠足で他県へ、高学年になったら遠くの田舎の実家へ1人でいける。

中高校生になると、海外へ。

子供は親の場所から、年と共に、だんだん遠くへ離れていく。子供はだんだんと遠くに離れていくのに、親はいつも自分の腹の中に一緒にいると思っているところがある。

親も年々成長して、ある程度で子離れしなくてはいけない。子育てとは親が子離れすることで完結を迎える。
posted by Dr.Mura at 01:16| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育・子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月14日

人は仕事で磨かれる

niwa.jpg
出版社:文藝春秋
著者:丹羽宇一郎
購入先:新宿青山ブックセンター
価格 :1365円

今は亡き東芝の土光さんを思い出させる久々の経営者。

とかく辣腕の経営者は、自分は完璧で、弱点を表面に出さないものであるが、「独身の頃は部屋が汚い」、「銀座が好きだ」等々、はっきり宣言。何のてらいも、隠し事も無い。

学生時代に、全職種に向いていると評価が出たようであるが、一番向いている職業は経営者という気がする。質実剛健、常に前向き、嫌な事を後回しにしない、自信と決断、そして常に庶民の側。カローラ、電車通勤、給料減額、社長6年退陣等々、一流商社伊藤忠の社長で有りながら、これらを普通に自信を持って実行できる、この自然さがすごい。

タイトルは「人は仕事で磨かれる」であるが、仕事で磨かれたというより、仕事を通して、丹羽宇一郎さんの本来の人間としてのすばらしさを開花したという感がする。人脈、本、潔さの大切さが強く心を打たれた。

今後も多くの主張を、次の世代の人の為に本という形で、出して欲しいものです。

posted by Dr.Mura at 09:28| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 本と添い寝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月13日

困った時の会話の手法

人と対面して、会話している時、相手から意見や回答を求められる事はよくありますが、下のようなシチュエーション(場面)で、回答しなければならない時に、困った事は有りませんか?

そんな時の対処法を、紹介します。

(1)相手の聞いている内容、語句の意味が判らない為、回答できない。
(2)相手がどんな回答を、期待しているか判らないので、回答できない。
(3)相手のスタンス(賛成/反対)が判らないので、迂闊に回答できない。

(1)〜(3)のような場合、『同じ質問を、そのまま相手に戻す』というのが、1つの手法です。

具体的には、

(1)「ソリューションについては、どう思う?」と聞かれて、ソリューションという言葉自身が解らない時は、素直に「ソリューションって何?」と聞けば良いのですが、そう出来ない時は、「あなたはどう思うの?」と、逆に聞き返すのです。

そうすると、この件に関して、何らかの意見を持っている場合は、必ず相手は、とうとうと意見を語ります。

その内容を聞いて、その意味が判った場合は、おもむろに答えれば良いと思いますし、それでも解らなかった時は、「私は、よく解らない」、「良いアイデアはない」と言えば良いのです。

(2)「今回の課長の対応どう思う?」と聞かれて、相手が、課長の対応に対してどう思っているのか(認めているのか、認めていないのか)解らない時に、迂闊に意見を述べる事により、それ以上会話が進まなかったり、相手を傷つけたり、相手の本音を聞けなかったりします。

そんな時は、「あなたはどう思うのよ?」と聞き返せば、いいのです。

(3)「今回の案に賛成なの、反対なの」と2者択一の意見を求められた時も、ほぼ(2)と同じです。

相手の言い方や、状況によって、賛成か反対か明確に解っている場合は、いいでしょうが、全く状況が解らない時は、この手法は、1つの知恵です。
posted by Dr.Mura at 07:47| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活の智慧(これ便利) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月12日

食事写真でカロリー計算

VFSH0046a.jpg VFSH0044b.jpg VFSH0058c.jpg

ダイエットの一環として、毎食事ごとに、食べているものを携帯で写しています。

初めて約1ヶ月近くになりますが、最初は食べる前に写すのを忘れたり、食べている時に気がついたり、食べ終わった後で気がついたりと、なかなか無意識のうちに写すことが、習慣化できませんでした。

しかしほぼ1ヶ月も経過すると、毎回食べる前に写すことが、無意識の内に出来るように、なりました。家族や会社の同僚も、「写真写さなきゃあ」と、言ってくれます。

写した写真は、私の個人サイトにアップしようと思っていますが、実はこの本来の目的は、カロリー計算をして、食事量の多さを注意するのが、一番の利用方法です。

具体的には、1つ1つの食材や分量を明確にしないと、素人ではカロリー計算は、なかなか難しく、非常に面倒で、出来ません。食材を1つ1つ調べて、入力すれば、カロリーを計算してくれるサイトはインターネット上に多くありますが、簡単ではありません。

私のように、写真をメールするだけで、食べた食事のカロリー計算してくれるのは、いいビジネスになるのではないかと思い、インターネット上をネットサーフィンしました。

その結果、そのものズバリのサイトを見つけました。不便を感じているところには、必ずその解決策はあるものです。

そのシステムは、ディジカメで撮った写真をメールで送ると、カロリー計算をしてくれるだけでなく、健康に関するアドバイス、サポートをしてくれると言う優れものです。
旭化成の開発したシステムで、「ネットを利用して健康管理サービス」で、「e-生活習慣サービス」です。

サービスの詳細は、利用者は自分の食事をデジタルカメラで撮影し、自宅のパソコンから送信。女子栄養大学の卒業生らの栄養士が画像をもとに摂取カロリーを計算し、献立の改善点などの助言を返信する。旭化成のネットビジネス推進部がソフトウェアを開発、「パーソナル栄養管理システム」としてビジネスモデル特許を申請したそうです。

残念ながら、個人利用の場合の料金が明示されていないので、利用可否の判断がつきませんでした。問い合わせてみようと思っています。
posted by Dr.Mura at 06:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。