ABCDEF

2005年07月31日

サインペンの名札付け

npen.jpg普段使う筆記用具(特にサインペン)には私なりのこだわりがある。筆記用具の中でも、文他を書くための道具には、ボールペン、万年筆、シャープペン、サインペンといろいろある。ボールペンでは、モンブラン、クロス(3種)、万年筆ではパーカーやプラチナ等いろいろ良い物は持っているが、私の使用経験から一番手頃で使いやすく、書きやすいのは、水性サインペンである。そんな水性サインペンにもいろいろメーカーがあるが、Best1はパイロット製の「Vpen ミニ」です。

いつでも、どこでもこれを使いたいから、鞄の中、机の上、会社の引き出し等々いろんな所に置いてある。しかし、ちょっと使ってそのままにしておくと、会社のペンを、そのまま家に持ち帰って机の上に置いていたり、逆に家のペンを鞄の中に入れたままにしていたりする。そうすると、会社でペンを使おうと思ったらなかったり、出先で使おうと思ったら、鞄の中になかったりし、場合によっては又買ったりしています。

これでは不経済で、無駄なので良い方法はないものかと考え付いたのが、ペンの名札付けです。紙に住所(ペンの先に「鞄の中」とか、「会社の机」とか、「家の机」等々)を書き、それをセロテープでペンに貼るのです。これによってそのペンが本来どこに置いておくペンか明確になる。例え間属って鞄の中に家のペンが入っていると、本来の位置に戻すことによって、整理される。

 この方法によって、今までの無造作に置いていたペンが、明確な住所を持つことにより、余計な購入もなくなり、効果がでました。皆さんも一度お試しあれ。(但し私のように、物の始末が属い人の場合)
posted by Dr.Mura at 06:49| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | こだわり(身の回り編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月30日

人間は一人残らずクリエーター

 あるメルマガに載っていた記事で、「人間をコンピュータに例えた話」です。なかなか面白い視点で書いてあったので、紹介します。

生まれたばかりの赤ん坊をコンピュータにたとえると、ソフトウエアがインストールされていないハードウエア(肉体)だけの状態だそうです。
泣くとか乳を飲むといった本能で出来る動きのための簡単なOSだけが入った状態でしょうか。

しかし、他の動物は違います。猫は猫のハードウエアの上に猫としての振る舞いが出来るようにプログラムがインストールされた形で
生まれてきます。だから、生まれてしばらくすれば、自分でえさを食べたり、走れるようになっていきます。

赤ん坊は、日々人の真似をして、新しい振る舞いをインストールしていきます。最初はすべてをまねするところから始まります。
その子の生い立ちは、その子の根っこにあるソフトウエアとして脳に記録されているのですね。

そのうち、自分の意思で行動できるようになり、自分の体験から新しいことを学ぶようになります。新しいモジュールを自分の中に取り込むか取り込まないか、自分で判断するようになってきます。

そして、大人になり、働くようにでもなって、生活が安定してくると、それまでセットしたプログラムで日々を暮らすようになります。

心地よい自分のスタイルが出来てくるんですね。いままで、身につけてきた考え方や価値観で、日々を過ごしていきます。

そして、その後は「結婚する」とか、「子供が出来る」、「仕事環境に大きな変化がある」など、大きな節目で、新しいプログラムを組み立てて、セッティングすることになります。そうした積み重ねがその人の人格になって行きます。

分別が付くようになったら、新しいソフトを入れるか、入れないのか決めるのは、自分しかいません。ほとんど更新しない人もいれば、毎日のようにメンテナンスしている人まで、さまざまですね。その差は大きいです。
もし、人格を数値で測ることが出来たら、世界中の人を測定して見たら、びっくりするほど個人差があるでしょうね。

そう考えると、人生の節目の時しかソフトウエアを更新しないのは、もったいないですね。

自己啓発本とは、著者が自分で作った(そして、自分にインストールしているはず)ソフトウエアを言葉で説明したモノ。

そのノウハウはその人のプログラム。自分用ではないですから、著者のモジュールをそのまま入れても動かない確率は高いですね。たとえ動いたとしても、その著者と同じ効果が出ているかは、定かではありません。
そのソフトを自分用にアレンジして、うまく効果が出ているか、チェックすることが大切ですね。

もう一度言います。自分にいいことだと思ったら、自分の生活パターンや性格などと照らし合わせて、まず自分用にちょっと工夫するというステップは必ず入れてください。

そして、新しい生活習慣を取り入れたら、それがうまくいっているか、チェックして、うまくいっていないなら、なにが原因か調べて、修正していく。

自らが自分自身を作り上げていく。人は皆、自分という作品を作り続けるクリエーターなんですね。他人事ではないですよ。あなたもそのひとりです。

                 (メルマガ:【幸せ成功習慣】で日々を楽しく過ごすより)    
posted by Dr.Mura at 06:23| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | チョイハナ教訓集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月29日

私のダイエット方法

 以前雑誌か新聞で読んだダイエット方法が、私の推薦するダイエット方法です。

この方法はあまり普及していませんが、体脂肪を減らすとか、バランスの取れた体型の維持とか、健康体の為のダイエットでは無く、唯単なる体重減少でしかありませんが、体重減少には効果はてきめんです。

この方法が、理想のダイエット(減るところがきちんと減って、しかも必要な処にはきちんと筋肉がつき、健康体で、リバウンドしない)では無いかも知れませんが、ともかくある期間に体重を落とすには効果的です。

その方法とは、日ごとの明確な目標設定と、定期的な計測、そして食事量の無理のないコントロールです。

今まで何回か挑戦していますが、ほぼ無理なく体重制限できます。但し未だに肥満気味なのは、このダイエット手法をやめて、野放図は食事、定期的な測定もせず、無目標の期間があるからと自分で自覚しています。(ある種リバウンドかも知れませんが)

万人に通用するかどうかは、判りませんが、苦しかったり、我慢したり、個人差があったりする手法ではありませんので、皆さんもどうぞ。

具体的には以下の方法です。

【準備編】

(1)まず目標設定です。何ヶ月で何キロ痩せるかを自分で決めます。
   (あまりに大きい数字を設定すると、無理が生じ、長続きしませんので、最初は少なめ   (例えば3ヶ月2〜3Kg程度)に設定してください。)
(2)次に方眼紙を用意してください。(下記のようにコンピュータでExcel等で作っても結構です)
(3)横軸に日付、縦軸に体重を自分に合った数値でメモリをふってください。(横は1〜3ヶ月程度)
(4)X軸の0のところ(X軸の左端)に現在の体重をプロットしてください。そしてここがこの方式の目玉となりますが、目標達成日(X軸の右端)に最後に自分の目標体重をプロットして、両者を線(例えば黒線)で結んでください。(この直線が、体重減少の理想直線です。)  現在の体重を知られたくなければ、グラフのメモリを0Kgを中心として、−1、−2、−3と+1、+2ぐらいのメモリにしても構いません。
(5)例えば、3ヶ月で3Kg痩せたい場合は、1日で計算すると、たったの33.3g(缶コーヒーの1/5程度)の減少になります。
(6)そしてこのグラフを友人、家族に見えるところに貼って、「私は何ヶ月で何Kg痩せる」と公言することです。
(7)ここまでが準備段階です。

【日常運用編】

(1)毎日1回体重計に乗り、その数値をプロットし、線(赤)で結びます。ただそれだけです。
(2)この線(赤)が理想直線(黒)を越えないように毎日注意していけば、少しの心がけで理想体重になります。
(3)具体的には、まず毎日の測定時間を決めます。毎日同じ時間に測定します。(食事後がベストです)
(4)測定は基本的に何回測定しても構いませんが、正式計測は、決まった時間の1回とします。


image001.gif

EXCELの例はこちら

【ノウハウ編】

(1)食事後の正式測定の前、すなわち食事前に事前に測定してみるのが、大事です。
(2)これは正式計測ではありませんが、食事前に体重計にのる事によって、食事前の今日の体重がわかります。
(3)今日の測定結果が、今日の理想体重より上回っていたり、非常に近い場合は、これからとる食事の量を出来るだけ少なくします。
(4)野放図に食べないのです。
(5)唯これだけなのですが、この毎日決まった時間の測定、理想直線との比較、食事量の制限が大事なんです。
(6)友人や気の会った者同士でやる場合は、この理想直線を超えた日は罰金として、100円貯金する等のゲーム性を取り入れると盛り上がります。
  (後でそのお金で美味しいものを買ってくる⇒意味無いか)
(7)正式測定前に、ボクサーではありませんが、トイレに行ってくる(特に大きい方は効果抜群。場合によっては200g減、小でも効果は目に見える)
(8)缶コーヒーなどを飲みたかったら、ずるいのですが正式測定後に飲む。(缶コーヒーを飲むと180ccで180gですが、アナログの体重計でも、明きらかに100gは増えます)
(9)ともかく、その日その日に理想体重を上回らないように小さな努力すればいいのです。

これで絶対に体重は減ります。

理想的な痩せ方、健康的な痩せ方等はいろいろあるかと思いますが、私の思うところ、「入力を減らして、出力を増やす」。すなわち入力とは
食べること、出力とは運動等のカロリー消費、そして快便による排出です。出力の方は、なかなか自己コントロールできませんが、入力の部分は
自分の意思である程度コントロールできます。元を正す意味で、入力(食べること)を減らす以外に体重を落とす方法は無いと思います。
そのコントロールを少しづつ気楽に出来る方法が、上記の方法なのです。

お試しあれ。私も現在取り組み中です。3ヶ月後の結果を乞うご期待。


posted by Dr.Mura at 06:14| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月28日

台風の中、万博へ

 26日の朝は、台風の進路が気になっていました。というのも台風の進路が、愛知万博会場を直撃するコースだったからです。ニュースでは、場合によっては、昼から中止になるとの情報もありましたが、その日の夜は弟の会社の保養所(知多半島の南端)を予約してあったので、弟の車を借りて、三重から一路万博会場を目指しました。

途中強い雨や風が吹いていましたが、万博駐車場に無事到着。駐車場代1日3000円を払い、無料バスの乗って、北口会場入口に10時前に到着。荷物と体のチェックは、飛行機搭乗並みの厳しさ。(ペットボトルは持ち込み不可)これをチェックして入場。

既に万博見学を経験している妹からのアドバイスは、「まずはお土産物売り場に直行して、お土産を買い(帰りは相当混んでいるので)、ロッカーに預けてから見学すべし。」とのノウハウを教えてもらいましたが、人はまばらで、お土産物売り場もガラガラ。

ノウハウを無視して、そのまま見学へ。昼には中止になるとの心配もあったのでとりあえず近場のヨーロッパエリアから攻める。

イタリア、フランス、スペイン〜エジプトと地中海近郊の国々を次々に回って、約1時間半
で10数カ国を回りきる。ヨーロッパを駆け足で周り、最後に1つ残った長蛇の列のドイツ館の最後尾に並ぶ。

少し進むと、この位置から90分の標識あり。一瞬たじろいたが、最後なので、仕方なくそのまま並ぶ、後ろに並んだ地元の人に言わせると、「普段は、2時間はザラとの事で、1日かかってやっと3〜4パビリオンしか見学できない」との事。「貴方達はついている」とのお言葉をいただき、辛抱して約75分程度待ちドイツ館へ入る。

ジェットコースターのような乗り物に載って、暗い通路を左右に揺れながら動く。ちょっとスリルを味わいながらも、展示内容はさほどではなく、5分程度で、あっと言う間に終了。1時間以上待って見学するほどのものではなかった。

その後、先日名古屋から来た友人に進められた、「2500円のランチ」を食べに日本料理「なだ万」へ直行。入ってみたら、既にランチは終了していて、5500円のミニ懐石が一番安い料理。仕方なく、女房と二人でいただく。思わぬ出費に困惑。でも、話の種にと美味しく
いただく。おかげで、お昼のビールは飲ませてもらえず。

その後、藤井フミヤ作の世界最大の万華鏡「大地の塔」を30分まち、JR東海のリニアモーターカーの3D体験。西口まで行って、当日の入場券の番号くじを見に行ったが、はずれ。その後、お土産を買って(確かに20人はレジで並んでいた)岐路に。

10時〜17時の7時間で、制覇したパビリオンは25個。台風が来るといわれて取りやめた人が多く、当日は3万人の人出(普段は10〜12万人)、全館空いていて多くのパビリオンが見学できて満足の1日であった。

後から台風は東にそれたと聞き、たいした風雨にもさらされず、台風様様の万博日和でした。

今後愛知万博行きを計画されている方へのアドバイス。私たちは異例の日で、通常とは全く違う人出なので、参考にならないと思うが強いて言えば、

(1)1点集中で並ぶか、出来るだけ多く見るか決めて行動する事。
(2)事前に予約していけば、すんなり入れるので、事前登録等が大事。
(3)人気のパビリオンは長時間待つので折りたたみのイスを持っていくと楽。
(4)食事する処は、いくつもあるので、事前に調査しておく事。
(5)人気といっても何が人気なのか、よく調べていく事。
(6)当日の情報を調査して行くと、いい事あり。
   (我々はスペイン館がイベントを行っていて、ワインとイベリコ豚をいただき、更にストラップとバージンオイルをもらった)
(7)我々が行った日は、ゴンドラが動かなかったが、入口よりまずお土産をゲットして、ロッカーに入れる。その後、一番遠い処までゴンドラで行って、そこからせめて、最後は入口のところまで戻ってきて、お土産を持って帰ってくるのがベストかも。

2005年07月27日

夏休み

25日からちょっと早い夏休みになりました。

25日は三重県鈴鹿市へ、26日愛知万博見学&知多半島泊、27日再び三重へ、28日お墓参りと日帰り温泉、29日は広島へ、30日広島泊、31日東京へ戻り、1日は出社。

という強行スケジュールで夏休みを過ごしています。

チョイハナの材料は一杯収穫しましたが、久しぶりに会う友人や親戚との出会で、時間が過ぎるのも忘れて楽しい時間を過ごしました。そんな中では、ゆっくりチョイハナを書く時間がありません。東京へ戻ったら、又今週分をUpします。

2005年07月26日

2歳になりました

美空.jpg 美空2.jpg

ちょっとピンぼけです。2歳の美空です。まだ「ちゅうちゅう」が離せません。 
posted by Dr.Mura at 00:00| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 孫と一緒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月25日

自分の子供をニートにさせない方法

79664586.jpg出版社:宝島社
購入先:新宿青山ブックセンター
価格 :1600円

私もよく存じあげている近所に住む女性作家(森本和子さん)が、7月1日に「自分の子供をニートにさせない方法」(浅井宏純氏との共著)という本を出版されました。今までは絵本をよく書かれていましたが、今回は現代の悩める社会現象である「ニート」に関して、現状分析、その原因と対策について、あらゆる方向から、問題を分析し、自らの子育ての経験を披露しながら、ニートを出さない家庭教育について、具体的に提言されています。

我が家では、既に2人の子供は成人し、1人は結婚、もう1人も看護師として働いていますので、自分の子供はニートでは有りませんが、親として本書に書かれた様な教育をしてきたかとたずねられると、さびしい限りです。

改めて家庭教育の大事さについて、学ばせていただきました。1つ1つの解決策は、珍しいことでも、新しいことでもないのですが、その1つ1つが、家庭教育の中で大事なものということも良くわかりました。よく親が、「そんな子供に育てた覚えは無い」、「うちの子に限って」といいますが、まさに、「子は親が育てたとおりに育つ」とは、まさにこの事だと思います。

自分の子供に悩んでおられる方、又これから子育てをする方、子育て真っ只中の方、教育について興味のある方には必読の書です。

タイトルから推測すると、堅い内容で、読後感は、どちらかというと、重いものと予測していましたが、その逆で、希望と、感動を与えていただける良書でした。

夏休み真っ只中の、未来を担う子供の育成について考える、この夏お勧めの1書です。
posted by Dr.Mura at 23:47| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 本と添い寝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月24日

食事の写真撮影

20050723B.jpg 20050722L.jpg 20050722d.jpg

今月から何十回目のダイエットを始めました。(笑)

私のダイエットの方法は、ともかく入力を少なくすることです。入力とは正に食べる量のことです。太っている人は、なんだかんだといって、3度の食事、又その間の間食がともかく多いのです。

更に体重測定(他に体脂肪等も)を毎日し、それをグラフにつける事です。ただ、このグラフつけが、巷にあるグラフつけとちょっと違う工夫があり、ほぼ毎回予定通りに、ダイエットできます。

今回紹介するのは、このグラフの付け方ではなく(グラフのつけ方は又記事をUPします)、会社の友人が、あるTVか雑誌で、ダイエットのやり方の1つで、『毎回食べるものを写真をとっておき、それをみて、反省する』という手法があると紹介してくれましたので、今回これもあわせてやっています。これについて今日は記事にしました。

食事する前に写真をとることによって、その食事をじっくりみて、「バランス良い食事か」、「塩分が控えめか」、「量が多くないか」、「食べる時はゆっくり」、「1回で30回噛む」等々意識して食べる心構えを確認できます。

最初は写真を写すことを忘れて食べてしまったり、途中で気が付いたりしましたが、最近は毎回食べる前に写真を映すことが出来るようになりました。

お昼の外食時は、毎回友人に1/3は食べてもらっています。朝や夜自宅で食事する時は、バランスや量をみて、変更したり、減らしたりすることが出来ますので、効果大です。

皆さんもどうですか。ダイエットの結果は、乞うご期待。

posted by Dr.Mura at 15:20| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月23日

夏の暑気払い懇親会(団地パソコン倶楽部)

20050718_noryo1_200.jpg今週の月曜日に、我が団地のパソコン倶楽部「暑気払い飲み会」を行いました。

会場は、管理組合の集会場。夕方5時に有志で近所のスーパーに行き、酒類とおつまみを買ってきました。6時ぐらいから夜の9時まで、平均年齢60歳を超える男ばかりのメンバーですが、大いに盛り上がりました。(途中管理人さんの奥様がちょっと顔を出していただきました。)

メンバーのTさんは、わざわざ自宅で稲庭うどんをゆで、材料をこしらえて持参され特性稲庭うどんを、皆さんに、食べさせてくれました。皆で美味しく、いただきました。

メンバーのIさんは、今朝出・先のシンガポールから帰ってこられたにも関らず、元気に参加され、シンガポールのお土産を持ってきていただきました。

更に管理人さんの奥さんからは、当団地内で取れた山桃で作ったリキュールを差し入れしていただきました。

話題は、通常のパソコン関連のものから、団地内のペット問題、地上波ディジタル放送、TV番組のDVD録画の時間、老人会での話題、Fさんのホームページ関連、各家庭での奥方との力関係、そして最後に私の手品を4種披露して、終了しました。

「ボールペンが透明で貫通」、「コルクのトリック」、「選んだカードを思いのままに」、「バラバラの名刺が元通り」の4種です。少し酔っ払っていた為、最後の出し物は失敗しましたが、盛り上げには一役かったと思います。

会費1人1000円で、楽しいひと夜を過ごせました。メンバー16名中、13名の参加でした。次回は忘年会を盛大にやりたいと思います。
posted by Dr.Mura at 07:43| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域(団地)パソコン倶楽部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月22日

自作アイスノン(続)

 7/7にこのチョイハナの「生活の智慧(これ便利)」に書き込みました『自作アイスノン』に対し、セニョールSさん、komyさんのお二人方から、コメントを書いていただきました。有難うございました。

私を含め3人のアイデアを集めると、この暑い夏を『朝起きてから、夜寝るまで』のフルタイムで、クールにすごせる対処法が完成しました。今流行りのクールビズより、よっぽど効果大で効果覿面です。

朝起きての自宅では、暑ければ、扇風機、クーラー、そして薄着等対処法がありますが、

(1)通勤途上(屋外で、自分の思うような上記対策が取れない)
(2)会社内(会社でクーラーはあるが、汗かきには思うに任せない)
(3)寝る前(自分の意識外なので、そのままクーラーや扇風機は体に悪い)

この3つは、条件が厳しく思うようにその人にあった暑さ対策がなかなか出来ません。

セニョールSさんは、通勤途上対策、チョイハナ編集長は、会社内、そして就寝時は
komyさんのアイデアで、これで完璧です。

明日早速、100均で保冷剤を買って、寝苦しい夜、快適な眠りにつきたいと思います。

皆さん、お試しあれ。

私から、このBlogを紹介したのは、30人近くいますが、皆さんも気になる記事があれば
是非commentをクリックして、「ご意見・ご要望」をお書きください。
posted by Dr.Mura at 12:34| 東京 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | 生活の智慧(これ便利) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月21日

インターネットで地図を見る

 インターネットで、ある場所の地図を調べる場合、ポータルサイト(YAHOO等)や、Mapfan等を使って、その場所を探しますが、住所を頼りに探したり、ある程度大きな場所の目安を見つけ、そこから地図を左右に動かしたり、拡大したり、縮小したりして、見たい場所を見つけます。

ブロードバンドでインターネットのスピードが上がったとはいえ、左右拡大縮小する度に時間がかかったり、思うような表示が出なくて、何回も左や右、拡大や縮小をしながら、最適な地図を見つけなくてはなりません。

これらのいらいら操作は、Mapfanの有料会員(年3000円程度)になれば、非常にスムーズにマウス操作が可能で、地図がリアルタイムに動きます。

今回、無料で同じように、リアルタイムにマウスに連動してスムーズに地図が動く機能を見つけましたので、紹介します。それは、同じポータルサイトGoogleにある、地図機能です。

Googleを立ち上げると、「Google ローカルをおためしください」という表示がありますので、これをクリックするとその地図機能が動作します。この機能では探したいものと、場所を指定しますので、適当にキーワード(例 ラーメン)、そして場所を(例 八王子)といれれば、該当地図が表示されますので、それを必ずクリックして拡大して下さい。地図が大きくなるだけでなく、いろんな機能が表示されます。

左の+、−のバーを動かせば簡単に拡大・縮小が変更可能です。又地図を「クリックONしたまま移動、クリックOFF」の操作を繰り返すと、所定の場所を簡単に見つけることが出来ます。いらいら感はなくスムーズです、これが無料で利用できます。

更に右上にある「サテライト」をクリックすると、なんと航空写真(衛星サテライト利用)を見ること出来ます。ちょっと違った現実の地図を見ることが出来て楽しいです。

最近発表されたGoogoleのニュースによると、外国版ですが、無料で、現在のものより、もっと地上に接近して、車の大きさがはっきり見える程度になるそうです。楽しみです。これを利用したアプリケーションも今後色々考えられることでしょう。

map.jpg
posted by Dr.Mura at 05:39| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 新技術・新製品・新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月20日

ボンクール「フランス料理」【八王子】

s07.jpg s01.jpg

 会社の友人に紹介してもらって、八王子の駅前の小さなフランス料理店「ボンクール」に最初に行ったのは、昨年の今ごろでした。

その時は、ランチコースだったんですが、昼休みの中での食事はあわただしく、是非今度はゆっくり夜来たいものだと思ったいいお店でした。料理の美味さもさることながら、ウエイトレスのお嬢さんが、なかなかの気配りと、マナーのよさと、そして自信を持った料理の説明に、心打たれました。

そのお店に、1年振りに再び行きました。きっかけは、東村山の友人の通夜でした。

その日の夕方、その友人が亡くなった連絡を受け、すぐに八高線の箱根ヶ崎の瑞穂斎場まで行き、お線香をあげさせていただき、故人のご冥福をお祈りしました。

51歳という若さで、亡くなったのが残念でなりませんでした。夜の食事もしていないので八王子で降りて、1人で和食をいただきながら日本酒を飲もうと、前から気になっていた和食のお店に行きましたが、残念ながら日曜日でお休みでした。

仕方なくどこで食事しようかと思っていたところ、その場所が、「ボンクール」のすぐ近くだったことを思いだし、気分と多少違いますが、訪問しました。

「とこぶしのテリーヌ、オレンジ風味」、「スペイン産イベリコ豚、エシャロットの赤ワイン添え」を食べ、ワイン2杯を美味しくいただきました。スペイン産イベリコ豚は、どんぐりしか食べない豚だそうですが、しっかりした肉で、赤ワインが十分染み込み、なかなかのものでした。

お店は、ほぼ一杯で、私以外がすべて男女のペアばかりで、中年おじさんが1人で場違いでしたが、そんな状況を苦にさせないウエイトレスのお嬢さんの気配りでした。お店は14人で一杯の小さいお店ですが、常連さんが多く(HPの掲示板を見れば、よくわかる)、食材も料理もワインもなかなかでした。

是非今度は、会社の仲間と、楽しく食べ、飲みたいと思いました。
posted by Dr.Mura at 12:12| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月19日

人生山河ここにあり

 人生は、心の置き所ひとつで、みな変わる。

例えば、タクシーは運転手付きの自家用車と思えば、社長気分になれる。又タクシー代は、運転手への給料と思えば実に安い。

豪邸でなくとも、我が家には7つの劇場(TVのチャンネル)がすっぽり収まっている。

金が無ければ、金を払って貧乏の修行中だと、思えば楽なこと。

うるさい女房も、隣の家の夫人が、たまたま手伝いに来てくれていると思えば、礼こそ言え、腹は立たない。

王侯貴族も、名も無い人も、目は2つ、耳は2つで鼻は1つ、足で歩いて手でつかみ、尻で物言う人はなし。

立って半畳、寝て1畳、どんなにおごってみても、着るものはせいぜい1着、ご飯は1杯か2杯。

寝だめ、着だめ、食いだめも出来ず、厠の姿は皆同じ。

泣いて暮らすも、笑って住むも、同じこの世の浮世なる。

                 随想「人生山河ここにあり」佐々木将人著
posted by Dr.Mura at 12:12| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | チョイハナ教訓集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月18日

さおだけ屋はなぜ潰れないのか?

sawodake3.jpg出版社:光文社
著者:山田真哉
購入先:啓文堂書店新宿店
価格 :735円
さおだけ屋はなぜ潰れないのか?

「さおだけ屋はなぜ潰れないのか?」という素朴で、誰もが不思議に思う疑問を、そのまま題名にした会計学の本。題名と同じ疑問と、興味とをもって、即購入。

この本がベストセラーになっているという。(既に10万部を超えている。)作者は、身近な種々の問題を会計学としてとらえ、会計学の何たるかを、より簡単に教えようとサブタイトルも「数字大嫌い、暗記も苦手でも会計は知っておきたい、大ざっぱに会計の本」となっている。

しかし、私の推測するところ、ベストセラーになっていると言うことは、通常の生活の中で、
会計学を切実に必要としない、主婦やサラリーマンが多く購入していると思われる。
そのほとんどの購入者は、会計とは関係なく、素朴な「さおだけの疑問」を晴らしたかった
だけと思われる。作者の意図とは裏腹に、「会計」のことより、「さおだけ」の方の関心が
断然大きいのである。

私のように、普段本屋にいって、興味ある本、ベストセラー等はある程度読む人ならわかるが、
普段あまり本を読まない人も、この本を買って読んでいるのが、1つの証明でもある。

「さおだけ」、「住宅街の高級フランス料理店」等の具体的な例を挙げて、会計をわからせ
ようとするが、もともと購入者が、会計を求めていないので、「さおだけ」の疑問が解決すると、
すっきりし、それ以上になると、「会計」を判らせようとする、作者の意図が本の中で、だんだん
と読む意欲を逆に減少させる。

本来本を買った目標を達成した読者は、ここいらで、読むのをやめてしまう。私も最後までは
読まなかった1人である。

本の紹介に、「挫折せずに最後まで読める会計の本」とあるのは、作者の会計への思いで
あって、我ら「さおだけ派」にとってみれば、途中でも購入条件を満たしてくれる本である。

本当に会計学を簡単に勉強したい人には、逆に目に飛び込んで来なかったかも知れない。
それを思うと、ネーミングの失敗と言えるが、多くの人が本を買ってくれた事を思うと、やはり
作者としては、思わぬうれしい誤算であったと思う。

改めてネーミングの大事さを痛感した本である。ベストセラー本の1つの大きな条件を実際に
みた思いである。



posted by Dr.Mura at 12:33| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 本と添い寝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月17日

「ヨーグルト」パウチ食品

ヨーグルト.jpg ふた付の「パウチ容器」を使った飲料や食品が増えているそうです。

森永乳業で「アロエヨーグルト」のハンディタイプ(150円)が3月頃に発売になり、大ヒットしているそうです。

普段でもこのヨーグルトは、好きなヨーグルトの1つですが、家で食べる事は有っても、会社や出先で食べることは1度もありませんでしたが、この「パウチ食品」のおかげで、私も会社で、1週間に2〜3回は、食べるようになりました。金額的には今までのカップの商品より高いのに売れるのです。食品なのに、味でなく、便利や手軽さで、購入されるという現象です。

なぜなら、
@外で食べられない 
Aスプーンが必要(両手が必要) 
B途中で止められない 
Cごみの捨て場に困る 
D手につくとべとべとする

しかし、「パウチ容器」になっただけで、

@外で食べれる(携帯性のよさ)
Aスプーンがいらない(片手でOK)
B途中で止めれる
Cつぶして後で捨てれる
D手につかない

中身は同じなのに、容器を変えただけで、こんなに守備範囲が広がるというのは、コロンブスの卵的発想と思う。

ロッテの飲むアイスクリーム「クーリッシュ」などもこのタイプで、小さい子供にアイスを食べさす時に、非常にいいと評判が良いという。

今年だけで、「パウチ食品」は、約10億個と予測され、今後も多くの商品が出てくると予測されている。

先日の13日、私のBlogに「いつでも、どこでも、だれにでも」という記事を書いたが、結局この商品も、この流れの1つですね。

posted by Dr.Mura at 12:05| 東京 🌁| Comment(1) | TrackBack(2) | 新技術・新製品・新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月16日

仲間と朝食会

33716181611f1.jpg 34716181611f2.jpg 39716181611f7.jpg 38716181611f6.jpg 

 私の個人的な仲間で、メール交換をしているグループがあります。6年前に、私から1人1人にメールして、「ちょっといい話」を送りつづけていました。ある人はブラジルの地で、又ある人は、シンガポールで、又国内にあっては、出張先の札幌の地で、メールという便利なツールを使ってのやり取りでした。多い年は1年間に約200通のメールを発信しました。

本で読んだ感動、人の話を聞いての感動、人の行動で感動、TVを見て感動、自分が経験した感動等を、こまめに伝えました。

そんな仲間でしたが、私の多忙に任せ、途中休刊していました。最近、そのメンバーに久しぶりに会ったこと、又海外や地方に赴任していたメンバーが、全員戻ってきたので、再会することにしました。

その手始めに、第2回オフ会をすることにしました。オフ会は飲み会ではなく、さわやかに夫婦(親子)も集まって、 ベーカリーレストラン「サンマルク」で朝食会としました。

久しぶりの再会、又初めてあった人も含めて「私のファン倶楽部」16名が。楽しい2時間を過ごしました。

このチョイハナ編集長というネーミングはその時のものです。今回ブログを通じて、又発信するつもりです。

posted by Dr.Mura at 13:00| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | チョイハナ教訓集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月15日

左右別方向から別々の映像が見える液晶画面

si_sh01.jpg 新聞、TVで報道されたので、ほとんどの方がご存知だと思いますが、ここ数年では、画期的な新製品をシャープが、発表しました。

それは、左右別方向から全く異なる2つの映像が見える液晶画面で、世界で初めて開発したものです、今月末から本格的に生産を始めるとのことです。

家族が1台のテレビで別々の番組を楽しんだり、カーナビなら、助手席の人がテレビ番組を
楽しんでいる最中に、運転者は同じ画面で地図を見て運転できる。

テレビやパソコン、広告用画面への利用も考えられ、顧客に商品の説明ビデオを見せ
ながらスタッフは見積もりを作成するなど、日本人の生活様式やビジネススタイルの変化に
つながる可能性もありそうです。

光を遮る特殊な仕掛けを液晶画面上につくって光を左右に分けることで、別方向に
それぞれ違った映像を映し出す。真正面から見たいときは、流す映像を同一にすればよい。
ただ画質は通常の液晶より劣るという。

又新しい日本発の技術が誕生した感があります。
posted by Dr.Mura at 01:06| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 新技術・新製品・新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月14日

PCの電源造自動的に切れる

 Windows XP で、使っていない状態造続いたら電源造切れるようにする。電源を入れて造すぐには使うこと造で造ないパソコン。Windows 造起動するまでに時間造かかること造あって、パソコンから離れると造で造、ついついパソコンの電源をつけたままにし造ちです。

そこで、Windows にある「電源オプション」機能を利用すると便利です。パソコンを使造ない状態造しばらく続いた場合、自動的に電源を切ったり省電力の状態にすること造で造ます。しか造、作業中の状態を保存しているので、すぐに元の状態に戻すこと造で造ます。

◆ActionManual◆
 パソコンやモニタの電源を管理する
 http://www.click-assist.com/AM/winxp/winxp004.htm
 ※Windows 2000/Me/98 で造同様の方法で利用で造ます。

夜中PCで、ついうとうととしてしまう私にとっては、省エネの時・に必要か造。
(それだったら、ちゃんと電源を切って寝なさい → 横から妻の声)


セニョールSさんの指摘で、文字化け、「造」=「が」「き」「も」「え」に
なっているとの指摘をうけました。
再度下にUPしてみます。


●Windows XP で、使っていない状態が続いたら電源が切れるようにする
電源を入れてもすぐには使うことができないパソコン。Windows が起動するま
でに時間がかかることもあって、パソコンから離れるときでも、ついついパソ
コンの電源をつけたままにしがちです。
そこで、Windows にある「電源オプション」機能を利用すると便利です。パソ
コンを使わない状態がしばらく続いた場合、自動的に電源を切ったり省電力の
状態にすることができます。しかも、作業中の状態を保存しているので、すぐ
に元の状態に戻すことができます。

◆ActionManual◆
 パソコンやモニタの電源を管理する
 http://www.click-assist.com/AM/winxp/winxp004.htm
 ※Windows 2000/Me/98 でも同様の方法で利用できます。
posted by Dr.Mura at 05:55| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(1) | 知って便利なPC操作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月13日

いつでも、どこでも、だれにでも

 10数年前、「24時間働けますか?」というキャッチフレーズの栄養ドリンク(リゲイン)がありました。
たしか、バブル全盛の頃でしょうか?更にその10年前ぐらいから、朝、昼、夕、晩の
区別が、徐々になくなってきました。その先鞭は、コンビニのセブンイレブンだという気
がします。

ひと昔前は、夜になると、どこのお店、学校、遊び場、交通機関も店じまいし、何かの
行動を起こそうとしても、又昼の行動を引き続き続行しようとしても、実質的に不可能
な状況でした。

家に帰って、テレビをみるか、読書をするか、家族と過ごすか、はたまた寝るしか
選択の余地がない時代でした。そこには家族の団欒があり、お父さん中心の食事、
家族の会話が十分あった時代でもありました。

それが、今はそんなことは考えられない時代になってきています。今の方が家族の
在り方が悪いとは一概に言えませんが、そんな良き時代も過去にあったのです。

夜になって唯一活動しているのは、田んぼの蛙で、我が物顔のように、「ゲロゲロ」と
泣いていたのが、田舎の風景でした。そんな、何もない、何も出来ない田舎に、希望
を見出せず、不夜城の東京にあこがれて上京したのは、もう40年も前になります。
ふっと吉幾三の「おらあ東京さいくべ」の歌詞が、頭をよぎる。

世の中は、「24時間いつでもの流れ」に乗ってかどうか、世の中がそのような形に
進化してきました。朝起きてから、夜寝るまでを考えても、身近に電子レンジ
(いつでも温かいものが食べれる)、フレックス勤務(出勤時間を自分で決める)、
インターネット(いつでも、どこからでも情報、物を得る事ができる)、
TV録画(見たい時間に見る)、コンビニ(買いたい時にいつでも買える)等々、
それら全て、「いつでも」、「どこでも」、「だれにでも」を推進してきたものが、
そこかしこにあるのに気づきます。

更に、いつの間にか、お店は夜中まで営業し、煌々と電気がついて、しかも何でも
売っている。大型スーパーは、夜23時まで営業し、背広も電化製品もその日
の食事も何でも買える。コンビに至っては、24時間営業になって、
まさに、「いつでも」、「どこでも」、「だれにでも」を地でいく状況です。

最近は田舎に帰っても、東京にあるコンビニ、大型店、チェーンの飲食店と何もかも
東京と全く一緒、場合によってはそれ以上になっている。

                                (つづく)
posted by Dr.Mura at 05:47| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 昔はこんな風だった | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月12日

意識の変革こそ最大の力

日本電産鰍フ永守社長の言葉

マッチを持っている人(自分から火をつけることの出来る人)
   … 3人/100人中

マッチの火の側にいると熱くなってくる人 
   … 80人/100人中

マッチの火の側にいても熱さを感じることができない人
   … 17人/100人中

「マッチの火の側にいると熱くなってくる人」に火をつければ、
「歩」が「金」になるような働きをしてくれる。

どんなに優秀な人材でも人間の能力の差はせいぜい5倍だ。人間の
意識の差は100倍以上あるので、最初から「優秀な人材」に期待
するより、「並の能力の人材」の潜在能力をフルに発揮させる方が、
より大きな成果が期待できる。

能力の向上も大切だが、意識の変革の方が、より大きな結果の
違いをもたらすということを、教えて頂くことができるお話です。


posted by Dr.Mura at 00:49| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | チョイハナ教訓集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。